ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イギリス空軍のC-17、チヌーク・ヘリコプターをアメリカから空輸

イギリス空軍(RAF)のC-17輸送機が、2015年10月14日、アメリカ・カリフォルニア州からチヌークヘリコプターをRAFオディハムまで持ち帰りました。

【更に詳細は↓】


チヌークは、南カリフォルニアのアメリカ海軍航空施設(NAF)エルセントロで、2015年早くに開催された「ボルテックス・ウォーリア」演習に参加した1機です。RAFブライズノートンのC-17は、チヌークと分解されたパーツ、支援機器を空輸しました。
イギリス空軍C-17チヌークヘリコプターアメリカから空輸


スポンサーサイト
[ 2015/10/16 11:02 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

イギリス空軍、2機目のエアシーカーRC-135Wを受領

イギリス国防省は、2015年9月4日、サフォーク州のRAFミルデンホールで、エアシーカー計画2機目の電子情報収集機RC-135Wリベットジョイントを、7カ月も早く受領したと発表しました。数週間以内にも作戦可能になります。



イギリ空軍は2013年にRC-135Wの1号機を受領し、2014年7月からイラクとシリアのISIL攻撃作戦で使用しています。2号機はミッション・システムのアップグレードやエンジンの燃費・耐久性向上など60以上もの改善が行われ、1号機も2号機と同様なアップグレードを受けることになります。

RC-135Wは先進のセンサー技術でデータや重要な情報を収集するだけではなく、機上で分析してハイテク通信機器を介して地上へ配信することができます。2号機もISIL攻撃作戦に投入され、情報収取活動につきます。

イギリス空軍2機目エアシーカーRC-135W受領





[ 2015/09/07 15:05 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。