ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エアバス・ヘリ、陸自UH-X選定やり直しに自信

エアバスヘリコプターズのギヨム・フォーリCEOは、イギリス・ロンドンで開催されているヘリテック・インターナショナルで、陸上自衛隊のUH-X選定をやり直させる自信があると発言しました。Flightglobalが2015年10月6日と10月7日に報じています。

【更に詳細は↓】


防衛省は、陸上自衛隊が現在使用しているUH-1Jヘリコプターの後継機として、2015年7月17日に富士重工が提案したベル412EPIをベースとする機体を選定し、9月2日に開発契約を結んでいます。

しかし、川崎重工と組んで新型の4トンから5トンクラスの機体を提案していたエアバスヘリは選定結果に不満で、ギヨムCEOは「ベル412は非常に古い。防衛省の再考を促し続ける」と話し、新型機を開発すれば輸出も期待できるし、新しい技術も修得できると川崎/エアバスヘリ案の優位性をあげています。

この新型機はドイツ・ドナウヴェルト工場で開発が予定されている「X-9」と見られています。

一方、ベル・ヘリコプターのジョン・ギャリソンCEOも黙ってなく、防衛省の評価では富士/ベル案は7つの選択基準のうち6つで勝っていたとし「率直に言って勝負になっていない。彼らの言い分は全然理解できない」と話しています。

UH-Xは412EPIの最大総重量を引き上げ、最新のアビオニクスを装備し、トランスミッションもアップグレードします。現在412EPI+と呼んでいる日本で生産されるヘリコプターは、アメリカのベルでも生産できますが、日本から輸出市場へ提供されるとしています。

UH-Xについては、川崎重工が単独で新型機を開発する計画が中止になり、再度選定作業が実施された経緯があります。時間的な余裕もないことから、エアバス・ヘリの主張が日本で取り上げられることはなさそうです。
エアバス・ヘリ、陸自UH-X選定やり直しに自信


スポンサーサイト
[ 2015/10/09 11:09 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

エアバス・ヘリ、ワルシャワでタイガーHADのデモフライトを実施

エアバスヘリコプターズは、2015年8月27日、ポーランドのキェルツェで開催される国際防衛産業展(MSPO)で展示する前に、ワルシャワで、EC665タイガー戦闘ヘリコプターのダイナミックなプレゼンテーションを実施すると発表しました。



デモフライトを行うのはフランス陸軍のタイガーHADで、攻撃、護衛、対地火力支援、武装偵察など多彩なミッションを遂行する兵装類を搭載し、軍用ヘリとしては初の複合材製構造や最新のグラス・コクピットを採用しています。

タイガーはポーランド軍のクローク(Kruk:カラス)攻撃ヘリコプター計画の候補機です。これまでフランスとドイツ、スペイン、オーストラリアへ120機以上の納入実績があり、2009年以降アフガニスタンやリビアでの作戦飛行も実施しています。

エアバスヘリワルシャワタイガーHADデモフライトを実施

エアバス ヘリ ワルシャワ タイガーHAD デモフライト
[ 2015/08/29 10:48 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

エアバス・ヘリ、タイ空軍へEC725 4機を完納 さらに2機追加受注

エアバスヘリコプターズは、2015年8月25日、タイ空軍EC725ヘリコプターの初期受注分4機を完納したと発表しました。タイ空軍ではEC725を捜索救難や兵員輸送に使用します。



納入された4機は2012年に契約されたもので、8月下旬から運用が始まる予定です。タイ空軍は、2014年にさらに2機を追加発注しており、2016年に納入される予定です。

EC725は11トンクラスの双発ヘリコプターで、28人が搭乗できるパワフルなヘリコプターです。アジア太平洋地域では、インドネシアが6機発注して2014年末から納入が始まり、マレーシアへは12機が納入され捜索救難ミッションについています。

エアバスヘリタイ空軍EC725 4機を完納 さらに2機追加受注
エアバス ヘリ タイ空軍 EC725 完納 追加受注

[ 2015/08/27 20:08 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

エアバス・ヘリ、豪国防軍統合練習機EC135T2+初号機を引き渡し

エアバス・ヘリコプターズは、2015年7月27日、オーストラリア国防軍(ADF)ヘリコプター乗員訓練システム(TATS)用のEC135T2+初号機を、ドイツ・ドナウヴェルト工場で引き渡しました。引き渡し式には、オーストラリア陸・海軍に代わって、TATS計画の主契約社であるボーイング・ディフェンス・オーストラリアが参加しました。


ADFのTATSは、オーストラリア陸・海軍統合のヘリコプター乗員訓練システムで、15機のEC135T2+はフライトシミュレーターと共に運用され、洋上飛行用のアビオニクスが組み込まれています。

ADFは2014年11月に発注し、2015年1月16日には今回引き渡された初号機が初飛行し、2016年1月にオーストラリアへ運ばれるまでドナウヴェルトで乗員や整備士の訓練を行います。

EC135は、海上自衛隊も洋上飛行の練習機TH-135として採用しています。安全性の高い双発小型機で、視認性の高いグラスコクピット、多軸オートパイロットなどを装備し、軍用ヘリの訓練に最適とのことです。

エアバス・ヘリ、豪国防軍統合練習機EC135T2+初号機を引き渡し

[ 2015/07/30 11:31 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。