ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スホーイ、ロシア空軍へSu-34を納入

ロシアのスホーイは、2015年10月6日、Su-34戦闘爆撃機数機をロシア空軍納入したと発表しました。Su-34は、ノボシビルスクのV.P.チカロフ工場から配備先へ向かいました。

【更に詳細は↓】


Su-34は、2020年までの長期的・計画的な生産が約束されており、ノボシビルスク工場は最大の効率で稼働しています。

Su-34は航続距離4,000キロ以上、最大速度時速1,900キロ以上、ペイロード8トン以上の戦闘爆撃機で、新型のウエポン・システムや空中受油システムを装備しています。
スホーイロシア空軍Su-34納入

スポンサーサイト
[ 2015/10/08 18:08 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ロシアの第5世代戦闘機スホーイT-50、2017年から配備開始

ロシアスホーイが開発中の第5世代戦闘機T-50を、2017年までに就役させると、ロシア空軍司令官のヴィクトル・ボンダレフ中将が2015年9月26日に述べました。Sputnikが伝えています。

【詳細は↓】


これまでT-50は2016年に就役するとみられていましたが、ボンダレフ中将は「計画通り2016年には試験飛行が完了し、2017年に配備が始まるだろう」と話しています。また、試験飛行は好調で「T-50は軍の要求を全て満たしている」とも話しています。

ロシア第5世代戦闘機開発計画(PAK-FA)の試作機T-50は、ロシア初の実用ステルス軍用機で、先進アビオニクスとオール・デジタル・フライトシステムが完備されます。

ロシア第5世代戦闘機スホーイT-502017年から配備開始


[ 2015/09/28 18:04 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

スホーイ、Su-34戦闘爆撃機数機をロシア空軍へ納入

ロシアのスホーイは2015年7月16日、Su-34戦闘爆撃機数機をロシア空軍に納入したと発表しました。ノボシビルスクのV.P.チカロフ工場の軍用装備統一納入日に実施されました。


Su-34は、2020年までの長期的・計画的な生産が約束されており、ノボシビルスク工場は最大の効率で稼働しています。

Su-34は航続距離4,000キロ以上、最大速度時速1,900キロ以上、ペイロード8トン以上の戦闘爆撃機で、新型のウエポン・システムや空中受油システムを装備しています。

軍用装備統一納入日は、2014年から始まった4半期ごとの納入日で、国防省への納入品の計画的な生産に役立っています。

スホーイ、Su-34戦闘爆撃機数機をロシア空軍へ納入

[ 2015/07/29 13:00 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)