ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クウェート、ユーロファイター・タイフーン28機を導入

イタリアとクウェート政府は、ユーロファイタータイフーン戦闘機28機の販売契約に関して合意に達しました。ユーロファイター・コンソーシアムは、2015年9月11日、クウェートユーロファイター・コミュニティの新メンバーになることを歓迎するリリースを発表しました。

【詳細は↓】


ユーロファイタータイフーンの受注は、2012年にオマーンからの12機以来で、ユーロファイターのアルベルト・グティエレスCEOは「競合他機種と比べてユーロファイターが優れていることが改めて証明された。すでに6カ国で運用されている実績がある」と話しています。

クウェートはF/A-18CD 39機の後継機を選定していました。既存機と同系列のボーイングF/A-18E/Fスーパーホーネットが有力とみられ、ボーイングも同機の生産を延長するため、懸命のセールス活動を展開しました。

中東諸国はイランやISILの脅威にさらされ、軍備増強に関心が高まっています。サウジアラビアとオマーンはユーロファイター・タイフーン、カタールとエジプトがダッソー・ラファールを選定・導入しています。

クウェート、ユーロファイター・タイフーン28機を導入


スポンサーサイト
[ 2015/09/16 09:02 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

BoB塗装のタイフーンとスピットが編隊飛行 ダックスフォードで

イギリス・ダックスフォードで、2015年9月19日に開催される「バトル・オブ・ブリテン(BoB)記念エアショー」で、BoB記念塗装のタイフーンスピットファイアの編隊飛行が初めて展示されます。



BoBは、1940年にドイツがイギリスの航空戦力殲滅を目指し猛攻撃を行ったのを、スピットファイアやハリケーンで守りきった戦いで、スピットファイアは救国の戦闘機としてイギリス国民に愛されています。

記念塗装のタイフーンはBoB75周年を記念したもので、スピットファイアと共に戦ったハリケーンのカラーリングを第29(予備)飛行隊機に再現しています。タイフーンは現在イギリス領空を守る即応警戒(QRA : Quick Reaction Alert )任務に就いており、現代のスピットファイアとも言えます。

エアショーは9月19日と9月20日に開催され、スピットファイアの編隊飛行やイスパノ・メッサー(HA-112 MIL)を敵機役としたスクランブル発進、20日のみでレッドアローズのショーなどが展示されます。

入場券は前売りのみで9月20日分は売り切れ、19日分はオンラインで9月13日まで、帝国戦争博物館ロンドンとダックスフォードで18日まで販売されます。

BoB塗装タイフーンとスピットが編隊飛行 ダックスフォード

[ 2015/09/04 19:23 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。