ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イギリス空軍のC-17、チヌーク・ヘリコプターをアメリカから空輸

イギリス空軍(RAF)のC-17輸送機が、2015年10月14日、アメリカ・カリフォルニア州からチヌークヘリコプターをRAFオディハムまで持ち帰りました。

【更に詳細は↓】


チヌークは、南カリフォルニアのアメリカ海軍航空施設(NAF)エルセントロで、2015年早くに開催された「ボルテックス・ウォーリア」演習に参加した1機です。RAFブライズノートンのC-17は、チヌークと分解されたパーツ、支援機器を空輸しました。
イギリス空軍C-17チヌークヘリコプターアメリカから空輸


スポンサーサイト
[ 2015/10/16 11:02 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

インド空軍、アパッチ22機とチヌーク15機を発注

ボーイングは、2015年9月29日、インド国防省からAH-64Eアパッチ・ガーディアン22機とCH-47Fチヌーク15機を受注したと発表しました。両機種共にアパッチ、チヌークの最新型で、契約にはトレーニングやサポートも含まれています。

【更に詳細は↓】


「この契約はボーイングがインドとの関係を深めたマイルストーンだ」とボーイング・インドのPratyush Kumar社長がコメントしています。すでにインド国内でチヌークの胴体に関する生産が始まっており、アパッチの生産についても協議が進められています。

両機種はインド空軍で使われる模様で、戦力アップと災害救援能力の向上が期待されています。インドは15番目のアパッチ採用国、19番目のチヌーク採用国となりました。インドはボーイングC-17グローブマスターIIIやP-8Iポセイドンも採用しています。



[ 2015/10/02 11:12 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。