ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

給油装置を完備したボーイングKC-46Aが初飛行

2015年9月25日13時25分に、ボーイングKC-46A空中給油機がワシントン州ペインフィールドで初飛行しました。KC-46Aは4時間の飛行ののち、シアトルのボーイングフィールドに着陸しました。

【詳細は↓】


KC-46Aの原型「EMD-1」の767-2Cは、2014年12月に初飛行し、150時間以上の試験飛行を実施していましたが、今回初飛行したのは空中給油機の仕様で作られた最初のKC-46Aでした。初飛行では最大高度3万5,000フィートまで上昇し、エンジンや操縦・環境維持システムなどのチェックを行いました。

アメリカ空軍のKC-46システム・プログラム・マネージャーのクリストファー・クームス大佐は「これで飛行安定性や給油ブームの操縦性、翼下空中給油ポッド(WARPs)の試験を開始することができる。計画にとって大きな一歩だ」とコメントしています。

ボーイングでは、2015年末までには空軍機との空中給油試験を開始し、ミッションシステムの実証試験を並行して進め、最近完了した貨物の地上ハンドリング試験と合わせて、2016年にはマイルストーンCを完了する予定です。

2011年にボーイングが受注したKC-46Aの設計・開発契約では、2機の767-2Cと2機のKC-46Aが生産されます。空中給油装備を搭載したKC-46AはFAAと軍の認証を受ける予定で、767-2Cは飛行試験を継続しその後空中給油システムを搭載してKC-46A仕様にアップグレードされます。
給油装置完備したボーイングKC-46Aが初飛行


スポンサーサイト
[ 2015/09/28 10:02 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ボーイング、豪陸軍へ7機目のCH-47Fを納入 予算通り3週間前倒し

ボーイングは、オーストラリア陸軍へ7機目CH-47Fチヌーク・ヘリコプターを、2015年8月10日に予定より3週間早く、予算通りに納入したと発表しました。



オーストラリア陸軍は、老朽化した6機のCH-47Dを更新するために、2012年にアメリカ政府の海外有償軍事援助(FMS)で7機のCH-47F購入に合意していました。

オーストラリア陸軍のCH-47Fには、デジタル・コクピットと先進の通信システム、新型アビオニクスが搭載され、デジタル・マップを入れ替えるだけで、軍事作戦や人道支援活動でアメリカ軍や他の軍隊と効果的に共同行動することができます。

また、着地してエンジンを停止すると自然にローターも停止する艦艇運用に便利な新型ローターブレーキも採用しています。

7機のCH-47Fは、クイーンズランド州北部の第5航空連隊第16航空旅団で運用されます。

ボーイング豪陸軍7機目CH-47F納入 予算通り3週間前倒し

[ 2015/09/11 20:17 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ボーイング、KC-46 EMD-1のフラッター試験を完了

ボーイングは、KC-46技術・製造開発1号機(EMD-1 N461FT)のフラッター試験を完了したと、2015年8月13日に動画付きで発表しました。



フラッター試験は、機体各部の振動をチェックするもので、航空機の認証プロセスにおいて不可欠で、性能試験の最も基本的なものです。この試験が完了するとフライトエンベロープが拡大され、安全に多くの乗員を乗せて飛行試験を実施できるようになります。

KC-46のフラッター試験は、翼端の空中給油ポッド(WARP : Wing Aerial Refueling Pods)と収縮式の空中給油ブームも装着された状態で実施されました。

ボーイングKC-46 EMD-1フラッター試験を完了

ボーイング KC-46 EMD-1 フラッター試験を完了






[ 2015/08/18 15:03 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ボーイング、KC-46試作機の給油システムを損傷 初飛行の見通し立たず

空中給油システムを実装しての初飛行を目前に控えたKC-46が、誤った化学物質の使用により燃料タンクや給油システムに損傷を負い、8月下旬から9月上旬に予定されていた初飛行の見通しが立たなくなっています。2015年7月31日にSeattle Timesが報じています。


誤った化学物質は、燃料システムの試験中に使用され、給油ブームや補助燃料タンクを腐食させる恐れがあるため、一旦機体から取り外して点検する必要が生じました。

この機体は2カ月前にも、圧力試験中に燃料システムを破裂させるトラブルを起こしていました。

超過した開発費の負担と遅延にボーイングは、787計画で遅れを取り戻した実績のあるスコット・ファンチャー上級副社長をKC-46計画の責任者に据えることを発表しています。

ボーイングでは、2017年の初号機納入の約束は必ず守るとしています。素人考えでは、KC-46はイタリア空軍や航空自衛隊が使用しているKC-767とほぼ同型機なのに、何を手こずっているのか理解できません。

ボーイング、KC-46試作機の給油システムを損傷 初飛行の見通し立たず


[ 2015/08/04 20:05 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ボーイング、KC-46計画に5.36億ドルを追加支出

ボーイングは、2015年7月22日、アメリカ空軍のKC-46空中給油機プログラムのスケジュールを守るため、2015年度第2四半期に5.36億ドルの追加支出があることを認めました。


KC-46の技術・製造開発(EMD)契約は固定価格であるため、追加支出は2015年度第2四半期に行われた燃料システムの再設計、改修、試験などに必要でした。

KC-46は、2017年8月までに初期の18機をアメリカ空軍に納入し、2027年までに179機を生産する計画です。ボーイングでは給油機の世界市場は800億ドルの規模があると予測し、KC-46は量産中に利益が確保できると見込んでいます。

ボーイング、KC-46計画に5.36億ドルを追加支出

[ 2015/07/22 20:13 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。