ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

精強無比を誇るロシア空挺軍が使用する、パラトルーパーモデル AKS74N 東京マルイ

折りたたみ式ストックをもつAKS74Nは、限られた場所での取り回しや移動力を必要とする部隊の携帯性を高め、ナイトビジョンを搭載するためのサイドマウントベースを装備した、AK74ベースのバリエーションモデルです。

【更に詳細は↓】

AKS74N メーカー希望小売価格:¥49,800(税別)
【次世代電動ガン/対象年令18才以上】

次世代電動ガンAKS74Nは、実物同様に金属製のボディにウッドタイプのハンドガードを採用。初期のAK74モデルをイメージさせる仕上がりとなっています。

スポンサーサイト

ロシアの第5世代戦闘機スホーイT-50、2017年から配備開始

ロシアスホーイが開発中の第5世代戦闘機T-50を、2017年までに就役させると、ロシア空軍司令官のヴィクトル・ボンダレフ中将が2015年9月26日に述べました。Sputnikが伝えています。

【詳細は↓】


これまでT-50は2016年に就役するとみられていましたが、ボンダレフ中将は「計画通り2016年には試験飛行が完了し、2017年に配備が始まるだろう」と話しています。また、試験飛行は好調で「T-50は軍の要求を全て満たしている」とも話しています。

ロシア第5世代戦闘機開発計画(PAK-FA)の試作機T-50は、ロシア初の実用ステルス軍用機で、先進アビオニクスとオール・デジタル・フライトシステムが完備されます。

ロシア第5世代戦闘機スホーイT-502017年から配備開始


[ 2015/09/28 18:04 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ロシア、Mi-28Nデモチームの1機が飛行展示中に墜落 乗員1名死亡

2015年8月2日、ロシア・リャザン近くで、飛行展示中のミルMi-28Nデモンストレーション・チームの1機が墜落、乗員1名が死亡しました。RTが伝えています。


墜落したのはMi-28Nデモチーム「ゴールデン・イーグルス」の1機で、4機編隊で進入し急上昇しながらフレアーを散布する課目の後、機体が回転し始めて回復しないまま地面に墜落しました。墜落後、機体は炎上しますが、2名の乗員のうち1名が自力で脱出に成功しています。

脱出した副操縦士は、デモフライト中に油圧システムの警告が表示されたと話しています。ロシア空軍ではMi-28Nの飛行をすべて停止し、原因の究明に取り掛かっています。

ロシア、Mi-28Nデモチームの1機が飛行展示中に墜落 乗員1名死亡

[ 2015/08/05 20:04 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。