ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ空軍の全爆撃機がGSC 8AF指揮下にまとめられる

アメリカ空軍航空戦闘軍団(ACC : Air Combat Command)指揮下のB-1Bを装備する2個爆撃航空団が、2015年10月1日、地球規模攻撃軍団(GSC : Global Strike Command)の第8空軍(8AF)指揮下に移管されます。これによりアメリカ空軍が保有するすべての爆撃機、B-52HとB-1B、B-2AはGSCの指揮下にまとめられることになります。

【更に詳細は↓】


GSCに移管されるのは、テキサス州ダイエス空軍基地(AFB)の第7爆撃航空団(7BW)と、サウスダコタ州エルスワースAFBの第28爆撃航空団(28BW)です。8AF司令官のリチャード・クラーク少将は「5個になった爆撃航空団と長距離攻撃能力は、アメリカをより力強くする」とコメントしています。

実際に移管されるのは航空機63機と人員約7,000名で、仕事のやり方などを時間をかけて移行することになります。7BWと28BWは1940年代後半と2002年に8AF「マイティー8th」指揮下にあった時代があります。

10月1日以降のGSC 8AF指揮下部隊は以下のとおりです。
・2BW ルイジアナ州バークスデールAFB B-52H
・5BW ノースダコタ州マイノットAFB B-52H
・7BW テキサス州ダイエスAFB B-1B
・28BW サウスダコタ州エルスワースAFB B-1B
・509BW ミズーリ州ホワイトマンAFB B-2A

アメリカ空軍全爆撃機GSC 8AF指揮下にまとめられる


スポンサーサイト
[ 2015/10/01 12:05 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。