ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三沢航空祭に展示する第69爆撃飛行隊のB-52H、9月11日に到着

アメリカ空軍三沢基地は2015年9月11日、ノースダコタ州のマイノット空軍基地からB-52Hストラトフォートレスが到着したと発表しました。同基地で9月13日に開催される「三沢基地航空祭 2015」にあわせ、飛来しました。



B-52の着陸にあわせ、一時的に滑走路灯を取り外す作業が行われました。9月11日は雨、風の強い早朝でしたが、アメリカ空軍、航空自衛隊の20名以上のスタッフが1つずつ手作業で対応し、着陸後に再び装着しました。この作業を行わない場合、全長60メートルあるB-52の主翼が損傷する可能性もあります。

三沢基地にB-52が登場するのは2010年の航空祭以来で、その際にもライトを一時的に撤去する作業が行われました。

飛来したB-52は現在、マイノット空軍基地の第69爆撃飛行隊に所属しており、「三沢航空祭 2015」の主力展示機の1機となります。

三沢航空祭展示する第69爆撃飛行隊B-52H、9月11日に到着


スポンサーサイト
[ 2015/09/14 19:22 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

築城基地に訓練移転のアメリカ空軍F-15C第1陣が到着

沖縄県の嘉手納基地に配備されているアメリカ空軍第18航空団(18WG)第44戦闘飛行隊(44FS)のF-15Cイーグル第1陣と隊員約150名が、航空訓練移転(ATR : Aviation Training Relocation)のため、2015年8月21日、福岡県の築城基地到着しました。


ATRでは、築城基地の航空自衛隊第8航空団(8WG)と、2週間にわたり共同訓練を実施します。44FS飛行隊長のケビン・ジェーミソン中佐は「この地域、そしてインド・アジア・太平洋地域の安全保障に、日米の戦略的同盟は不可欠だ。空自8WGとの共同訓練で相互運用性と戦闘準備を高めることを楽しみにしている」と話しています。

このATRの共同訓練には、アメリカ空軍18WGから12機程度のF-15C、空自8WGと5WGから6機程度のF-15Jと4機程度のF-4EJ、F-2が参加します。

築城基地訓練移転アメリカ空軍F-15C第1陣が到着

築城基地 訓練移転 アメリカ空軍 F-15C 到着

[ 2015/08/24 20:49 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

AC-130Jゴーストライダー、ルバート・フィールドに到着

AC-130Jゴーストライダーが、2015年7月29日、初めてフロリダ州ハルバート・フィールドに到着しました。

AC-130Jは、同州エグリン空軍基地(AFB)第413飛行試験飛行隊(413FTS)で、初期の開発試験と評価を終えて、ハルバート・フィールドの第1特殊作戦群(1SOG)第2分遣隊(Det. 2)と第1特殊作戦航空機整備中隊(1SOAMXS)が、初期の運用試験と評価を実施します。



AC-130Jは、地上軍に精密誘導兵器などで直接火力を投射できるようMC-130JコマンドウIIを改装した機体です。

「空軍特殊作戦群団(AFSOC)にAC-130Jは、静かでより高くより遠くへ飛行できる効率的な新型エンジンと、新しい技術をもたらす。そしてAC-130WスティンガーとAC-130Uスプーキーが持つ機能を1機に集約し、レーザー誘導爆弾やAGM-176グリフィンミサイルなどの精密誘導兵器が使用可能になる」と1SOAMXSのMichael Ezell曹長が話しています。

運用試験は2016年春に完了する予定で、AFSOCはAC-130Jを37機を装備します。

AC-130Jゴーストライダー、ルバート・フィールドに到着

[ 2015/08/01 20:48 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

オーストラリアにRAAF7機目のC-17Aが到着

オーストラリア空軍(RAAF)7機目のC-17AグローブマスターIII「A41-213」が2015年7月29日、RAAFアンバレーに到着しました。


オーストラリア政府は、4月に10億ドルでC-17A 2機の追加発注を発表したばかりです。もう1機も今年後半にはデリバリーされる予定で、RAAFアンバレーの第36飛行隊(No.36 Sqn.)が装備するC-17Aは8機となります。

オーストラリアのケビン・アンドリュース国防相は「航空機の迅速な引き渡しは、アメリカとオーストラリアの緊密な関係を証明している。これにより地元社会にも施設拡充のため3億ドルの投資が始まる」と話しています。

RAAF司令官のレオ・デイビス中将も「C-17Aはこれまでイラク政府支援のための迅速な戦力展開やクイーンズランド州の洪水の災害派遣、ウクライナ東部でのMH17便撃墜事件での犠牲者輸送など、RAAFに不可欠の装備になっている。追加した2機はオーストラリア国防軍の能力を強化するだろう」と話しています。

オーストラリアにRAAF7機目のC-17Aが到着

[ 2015/07/31 21:09 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。