ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RAFのA400Mアトラス作戦可能に 7号機も受領

イギリス国防省は、2015年9月15日、空軍(RAF)のエアバスA400Mアトラス輸送機が、世界中で作戦可能な状態に達したと発表しました。同時に7号機をエアバス・ディフェンス・アンド・スペースから受領しました。

【詳細は↓】


RAFは27.5億ポンド、約5,150億円の予算で22機のA400Mを導入する予定で、すでにRAFブライズノートンに配備されている4機は作戦可能な状態で、3機もRAF仕様の機器類が取り付けられて2016年には作戦可能な状態になります。

RAFは2014年11月にA400Mの1号機を受領し「シティ・オブ・ブリストル」と名付けて乗員訓練や世界中での運用試験を重ねてきました。フィリップ・ダン防衛機器担当相は「A400Mがこのマイルストーンに達したのは、国防省やRAF、業界関係者らの努力の賜物だ。A400Mの性能は素晴らしく、予算も節約できた。今後の活躍に機体している」と話しています。

RAFのA400Mには、空中投下やパラシュート投下、高度な自己防衛機能などが数カ月以内に追加される予定です。

RAFのA400Mアトラス作戦可能7号機受領


スポンサーサイト
[ 2015/09/18 19:14 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

イギリス空軍、2機目のエアシーカーRC-135Wを受領

イギリス国防省は、2015年9月4日、サフォーク州のRAFミルデンホールで、エアシーカー計画2機目の電子情報収集機RC-135Wリベットジョイントを、7カ月も早く受領したと発表しました。数週間以内にも作戦可能になります。



イギリ空軍は2013年にRC-135Wの1号機を受領し、2014年7月からイラクとシリアのISIL攻撃作戦で使用しています。2号機はミッション・システムのアップグレードやエンジンの燃費・耐久性向上など60以上もの改善が行われ、1号機も2号機と同様なアップグレードを受けることになります。

RC-135Wは先進のセンサー技術でデータや重要な情報を収集するだけではなく、機上で分析してハイテク通信機器を介して地上へ配信することができます。2号機もISIL攻撃作戦に投入され、情報収取活動につきます。

イギリス空軍2機目エアシーカーRC-135W受領





[ 2015/09/07 15:05 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

フランス海軍、14機目のNH90ケイマンを受領・配備

フランス海軍は、2015年7月17日に最後のNH90ケイマンNFH Step Bを、NHインダストリーズから受領し、8月12日にランヴェオック・ポルミック海軍航空基地の第33F海軍航空隊に配備したと発表しました。



受領したNH90は、フランス海軍が27機導入するNH90の14番目の機体で、33Fでは対潜水艦戦、対水上艦戦、不法航行取り締まり、捜索救難などに使用されます。

フランス海軍14機目NH90ケイマン受領配備

フランス海軍 14機目 NH90ケイマン 受領 配備

[ 2015/08/26 12:09 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。