ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小松基地、航空祭の展示機の配置を発表

航空自衛隊小松基地で2015年9月21日(月・祝)、「小松基地航空祭 2015」が開催されます。基地開放時間を7時45分から15時30分で、航空機展示の配置発表されました。

【詳細は↓】


フライトラインの中央にはブルーインパルスが展示されます。ブルーインパルスの撮影エリアは8時から11時30分までとなり、展示飛行は12時35分のウォークダウンにはじまり、13時にテイクオフ、13時50分に終了予定です。

このほか、エプロン西側の1格方面からC-130、U-4、F-2が2機でうち1機は展示飛行を実施、さらにF-15の航空祭記念塗装機、第303飛行隊の「62-8877」と第306飛行隊の「12-8923」の2機が並びます。F-15の2機の前はモデルウォークエリアが設けられ、11時から12時にモデル撮影会の時間となります。

エプロン東側の救難格方面からは、T-4、T-7、AH-64、AH-1、OH-6、T-400、RF-4、F-4、UH-60J、U-125と並べられます。

救難格納庫にはUH-60J、装備品展示に加え、キッズパイロット撮影ブースが設けられます。3格には、誤作動展示、基地防空火器、車両展示、コクピット展示、ミサイル展示、エンジン展示も行なわれます。

なお、2格では11時40分から中部航空音楽隊が演奏を披露するほか、獅子舞や太鼓など芸能の披露、1格では小松空港協議会、観光PRのブースが設けられます。

詳しくは小松基地のホームページを参照ください。

小松基地航空祭展示機配置発表

スポンサーサイト
[ 2015/09/18 10:08 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

小松基地、航空祭の展示飛行スケジュールを発表 オープニングは7時45分

航空自衛隊小松基地で2015年9月21日(月・祝)、「小松基地航空祭 2015」が開催されます。基地開放時間を7時45分から15時30分で、雨天決行です。この展示飛行プログラムが発表されています。



オープニングは7時45分からと例年通りで、6空団第303飛行隊、第306飛行隊の参加が見込まれます。航空祭記念塗装機は第306飛行隊が「12-8923」で、第303飛行隊の記念塗装も近く公開される予定です。この記念塗装機は飛行展示後、モデルウォークエリアで11時からのモデル撮影会で撮影ができるとみられます。

ブルーインパルスは12時35分にウォークダウン、展示飛行は13時からとなっています。

なお、アクセスでは当日、北陸鉄道によるJR小松駅と航空祭会場間、鉄工団地と航空祭会場間のシャトルバス運行についても、例年通り予定されています。


■2015年展示飛行プログラム
7:45〜8:30 オープニング (6空団)
8:55〜9:30 機動飛行 (6空団)
9:30〜10:20 救難展示 (救難隊)
9:55〜11:05 編隊飛行 (6空団)
10:45〜11:00 F-2 訓練展示
11:30〜12:20 グライダー
13:00〜13:50 ブルーインパルス(12:35〜ウォークダウン)

<主な催し>
11:40〜12:30 中部航空音楽隊演奏 (2格) ※雨天時 9:00〜9:30
9:40〜11:40 獅子舞・太鼓など (2格)
7:45〜15:00 特産品ブース (1格)
7:45〜15:00 装備品展示 (3格)
7:45〜15:00 車両等展示 (3格東側)
7:45〜15:00 グライダー展示 (補給倉庫前)
8:00〜13:00 紙飛行機大会 (補給倉庫)
8:00〜14:45 花自動車 (エプロン地区東側)
11:00〜12:00 モデル撮影会 (エプロン西)

小松基地航空祭展示飛行スケジュール発表 オープニングは7時45分

[ 2015/09/03 19:42 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

空自飛行教導隊、2016年度にも小松基地に移動!?

航空自衛隊は、宮崎県の新田原基地に配備している飛行教導隊を、2016年度にも石川県の小松基地へ移動させる方向で地元との調整を開始している模様です。MRO北陸放送が2015年8月5日に報じています。


飛行教導隊はF-15J/DJ約10機を装備する部隊で、航空自衛隊の戦闘機部隊に空中戦の戦術を実際に飛行して教育する任務を担っています。今回の移動計画は、日本海の広大な訓練空域が空中戦の訓練に適しており、小松基地が空域に近く効率的であるからとみられています。

一方、小松基地は冬に雪と雷に悩まされる基地としても有名で、新田原基地が晴天率の高さで訓練基地として適しているのと、冬季に関してはまったく逆の環境にあります。

防衛省では地元との調整を踏まえて、2016年度予算概算要求に移動の予算を計上する見込みです。

空自飛行教導隊、2016年度にも小松基地に移動!?

[ 2015/08/07 12:13 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。