ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

USSロナルド・レーガン、10月2日に横須賀へ入港予定

アメリカ海軍の空母USSロナルド・レーガン(CVN-76)が、2015年8月31日、カリフォルニア州サンディエゴを出港、外務省が神奈川県へ情報提供したところによると、横須賀入港は10月2日です。





レーガン(CVN-76)は、USSジョージ・ワシントンに代わり、横須賀を母港に前方展開するもので、搭載される空母航空団は第5空母航空団(CVW-5)です。レーガンの来日は、2011年の東日本大震災救援活動「オペレーション・トモダチ」以来のことです。

USSロナルド・レーガン10月2日横須賀入港予定


スポンサーサイト
[ 2015/09/05 15:41 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

USSロナルド・レーガン、横須賀へ向け8月31日に出港

アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴで、空母USSジョージ・ワシントン(CVN-73)と、USSロナルド・レーガン(CVN-76)のハル・スワップが完了し、2015年8月31日にレーガンが横須賀へ向け出港する模様です。FOX5サンディエゴが8月26日付で報じています。



今回のハル・スワップは、ワシントンが燃料交換とオーバーホールのためバージニア州のドックに入るためとられた措置で、ワシントンの乗員と航空団は11年間サンディエゴを母港としていたレーガンに乗り換えて日本へ戻ります。

その後、ワシントンは元レーガンの乗員により南アメリカ経由でバージニア州へ回航されます。そしてバージニア州ノーフォークから大西洋と地中海、インド洋、太平洋を作戦航海しながら世界一周したUSSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)がサンディエゴに到着してワシントンを回航した元レーガンの乗員が乗り組み、サンディエゴを母港とします。

新たに横須賀を母港とするレーガンは、2011年3月の東日本大震災の際には、いち早く救援に駆けつけたアメリカ軍艦です。海軍航空隊司令官のマイク・シューメイカー中将は「4年前からレーガンと日本は強い絆で結ばれている」と話しています。

USSロナルド・レーガン横須賀へ向け8月31日に出港

[ 2015/08/31 19:15 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。