ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















RAAF、海底に眠る残骸を太平洋戦争中のカタリナ飛行艇と確認

オーストラリア空軍(RAAF)は、2015年9月21日、ケアンズ南の海域で発見された航空機の残骸が、1943年2月28日に墜落した第11飛行隊(No.11 Sqn)のカタリナ飛行艇「A24-25」であることを確認しました。

【詳細は↓】


No.11 Sqnは、太平洋戦争中の1942年後半から長距離哨戒用にカタリナを使い始めました。「A24-25」は11名の乗員を乗せ、パプア・ニューギニアへ向かう船団の護衛のため17時間のミッションについていました。最後の交信はタウンズビルで傍受されています。燃料がなくなり着陸(着水?)しようとしましたが、墜落したとみられます。目撃情報などは一切ありませんでした。

残骸は2013年にケアンズのダイバーにより、水深35メートルの海底で発見されていました。天候や様々な問題のため調査が遅れましたが、8月に海軍のダイバーと空軍の調査官が現地を訪れて「A24-25」と確認しました。

RAAFでは現在、第二次大戦中の3,124名と朝鮮戦争中の18名の行方不明者があり、継続的に調査が続けられています。墜落機の残骸は、海上文化遺産得別管理区域に指定され保全されます。2016年には慰霊祭が開催されます。

RAAF、海底に眠る残骸太平洋戦争中カタリナ飛行艇確認


スポンサーサイト
[ 2015/09/25 18:11 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)