ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海自と米海軍、9月21日から24日まで沖縄周辺海域で対潜訓練を合同実施

海上自衛隊とアメリカ海軍は、2015年9月21日(月)から9月24日(木)まで、沖縄周辺海域において、合同の「対潜特別訓練」を実施します。海上自衛隊からは、護衛艦1隻、潜水艦1隻、航空機数機が参加します。
アメリカ海軍からは潜水艦1隻が参加します。

【詳細は↓】


なお、この対潜特別訓練は、1957年から定期的に行われており、今回の実施で127回目となります。

前回の126回目の訓練は2015年2月に四国沖から九州南方に至る海域において実施され、アメリカ海軍からも潜水艦1隻が参加しています。

海自米海軍、9月21日から24日まで沖縄周辺海域対潜訓練合同実施


スポンサーサイト
[ 2015/09/19 18:44 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

海自いずも型ヘリ搭載護衛艦2番艦、8月27日に命名・進水式

海上自衛隊は、2015年8月27日(木)14時15分から、平成24年度護衛艦の命名進水式を、横浜市のジャパンマリンユナイテッド磯子工場で開催すると発表しました。


平成24年度護衛艦とは、24DDHと呼ばれているヘリコプター搭載護衛艦で、2015年3月に就役した「いずも」の2番艦にあたります。基準排水量1万9,500トンと海上自衛隊最大の艦艇で、海外ではヘリ空母としてカテゴライズされるものです。

固有の兵装は、個艦防御用のSeaRAM近接防空ミサイル発射機とファランクス近接防御機関砲各2基のみで、ヘリコプターの運用に目的を絞っています。飛行甲板はSH-60Kクラスのヘリコプターが同時に5機離着艦可能で、SH-60Kを7機とMCH-101を2機搭載可能とされています。

諸外国の多目的艦と違い最大30ノットの潜水艦掃討作戦用の艦ですが、輸送艦や支援艦としての機能も備えており、災害派遣や国際貢献活動での使用も期待されています。

就役は2017年3月を予定しており、「くらま」と交代します。これにより海上自衛隊は「いせ」「ひゅうが」と「いずも」、24DDHの4隻の全通甲板を持つヘリコプター搭載護衛艦が揃います。旧国名が命名されると予測される艦名に注目が集まっています。

海自いずも型ヘリ搭載護衛艦2番艦8月27日命名進水式

[ 2015/08/06 12:06 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。