ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イギリス海軍のマーリンMk2、予算内で完全作戦能力を獲得

イギリス国防省は、2015年9月15日、海軍(RN)のマーリンMk2対潜ヘリコプターが、完全作戦能力(FOC)を予算内獲得したと発表しました。

【詳細は↓】


マーリンのアップグレード・プログラムは総額8.07億ポンドで、改修予定の30機のうち24機のデリバリーが完了しています。

マーリンMk2は、レーダーがアップグレードされ、データリンクにより他の航空機や艦艇と情報を共有する機能も備わり、対潜水艦/対水上艦戦能力が向上しています。また、タッチスクリーン・デイスプレイを採用しグラスコクピットとなり、新しい配線は40キロメートルにもおよびます。

マーリンMk2の任務は、対潜水艦/対潜水艦戦だけではなく、海賊対策や災害派遣などもあり、シエラレオネへのエボラ出血熱救援や地中海での難民救助などにすでに使用されています。

マーリンMk2は、RNの駆逐艦やフリゲート艦、次世代のクイーン・エリザベス級空母に搭載されます。

イギリス海軍マーリンMk2予算内完全作戦能力獲得


スポンサーサイト
[ 2015/09/19 11:48 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

イタリア空軍のKC-767A、F-35Aへの空中給油認証を獲得

イタリア空軍のKC-767A空中給油機が、2015年7月29日、アメリカ空軍のF-35AライトニングIIと空中給油し、初めてF-35Aとの空中給油の認証を獲得しました。アメリカ空軍以外の空中給油機がF-35Aとの給油認証を得るのは初めてのことです。


カリフォルニア州のハイデザート地域上空で行われた認証試験では、KC-767AはF-35Aと25回フライングブームを接続し、1万6,000ポンドの燃料を正常に給油しました。

イタリア空軍はローマ近郊のプラティカ・ディ・マーレ基地に、4機のKC-767Aを配備しています。同空軍と海軍は現有のトーネードやAMX、AV-8BハリアーIIを、F-35A/Bでリプレイスする予定で、KC-767Aの認証はイタリアのF-35運用能力と多国籍での安全保障作戦能力を強化します。

イタリア空軍のKC-767Aは、航空自衛隊のKC-767Jとほぼ同型の機体ですが、両翼端にドローグポッドを備えている点と機首上部に受油レセプタクルを備えている点が違います。

イタリア空軍のKC-767A、F-35Aへの空中給油認証を獲得

[ 2015/08/10 11:53 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。