ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国Y-8早期警戒機、4月20日に東シナ海を飛行 空自が対応


統合幕僚監部は2016年4月20日(水)、中国機が東シナ海飛行したと発表しました。これは中国Y-8早期警戒機「9301」1機が台州市方面の東シナ海から沖縄本島と先島諸島の間を抜け太平洋方面へ飛行、さらに同じ航路で戻ったものです。

これに対応し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進し、対応を行いました。


banner180x60_2016042116135368a.jpg



スポンサーサイト
[ 2016/04/21 16:14 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

三沢基地、空自とアメリカ空軍が危機管理演習 航空祭で最悪の事態を想定

青森県の三沢基地で2015年9月2日、日米共同で危機管理演習(Emergency Management Exercise:EME)が実施されました。EMEは航空自衛隊、アメリカ空軍が緊急事態に備え、その対応状況を確認するもので、例年、9月に開催される三沢基地航空祭を前に開催されています。



この演習は、多くの人たちが集まる航空祭で、地上展示機、飛行展示機で墜落したと最悪の場合を想定し、取り組んでいるものです。アメリカ空軍三沢基地では、年に数回にわたりEMEを実施していますが、演習では「基本的に起こる可能性が低い事態に対し、個々のスキル、機器を活用する機会を与えてくれる」としています。

2015年の演習では、40名のさまざまな状態の「負傷者」に対し、訓練を行いました。また、この演習を通じ、次回の演習までに改善策を検討し、常に最善の対応を行う体制を整えるとしています。

このEMEは三沢航空祭での緊急事態の対応能力を実証するとともに、開催の準備でもあります。三沢基地では2015年9月13日(日)、航空祭が開催されます。

三沢基地空自アメリカ空軍危機管理演習 航空祭最悪の事態想定
[ 2015/09/05 19:40 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

空自のF-2戦闘機、スナイパーATP搭載8機種目に

ロッキード・マーティンは、2015年8月10日、三菱重工を通して航空自衛隊のF-2戦闘機に「スナイパー」先進照準ポッド(ATP)のインテグレートを受注したと発表しました。



2014年に受注したこの初期契約では、1基のスナイパーとインテグレートする機器類が含まれています。これによりF-2は、スナイパーを搭載する8機種目の機体となります。スナイパーを搭載できる機種は、F-15とF-16、F/A-18、A-10、B-1、B-52、ハリアーでした。

スナイパーATPは、パイロットに精密照準や情報収集・監視・偵察ミッションで高解像度の画像を提供します。固定もしくは移動する戦術目標を発見、識別、自動追尾してレーザーを照射し、レーザーやGPSで誘導される兵器をサポートします。

ロッキード・マーティンのスナイパー国際プログラム・マネージャーのMarc Nazon氏は「スナイパーATPは、航空自衛隊のミッションに必要な支援を、実績ある性能と低ライフサイクル・コストで提供し、アメリカ空軍との共同作戦では共同できる部分が増加するだろう」と話しています。

ロッキード・マーティンは、F-2の主契約者である三菱重工と協力してスナイパーATPのインテグレーションを実施し、ポッドの追加購入やスペアー、ロジステックス、支援機材などのフォロー契約も期待しています。

空自F-2戦闘機スナイパーATP搭載8機種目

空自 F-2戦闘機 スナイパーATP搭載 8機種目

[ 2015/08/17 20:07 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

空自飛行教導隊、2016年度にも小松基地に移動!?

航空自衛隊は、宮崎県の新田原基地に配備している飛行教導隊を、2016年度にも石川県の小松基地へ移動させる方向で地元との調整を開始している模様です。MRO北陸放送が2015年8月5日に報じています。


飛行教導隊はF-15J/DJ約10機を装備する部隊で、航空自衛隊の戦闘機部隊に空中戦の戦術を実際に飛行して教育する任務を担っています。今回の移動計画は、日本海の広大な訓練空域が空中戦の訓練に適しており、小松基地が空域に近く効率的であるからとみられています。

一方、小松基地は冬に雪と雷に悩まされる基地としても有名で、新田原基地が晴天率の高さで訓練基地として適しているのと、冬季に関してはまったく逆の環境にあります。

防衛省では地元との調整を踏まえて、2016年度予算概算要求に移動の予算を計上する見込みです。

空自飛行教導隊、2016年度にも小松基地に移動!?

[ 2015/08/07 12:13 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。