ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海自と米海軍、9月21日から24日まで沖縄周辺海域で対潜訓練を合同実施

海上自衛隊とアメリカ海軍は、2015年9月21日(月)から9月24日(木)まで、沖縄周辺海域において、合同の「対潜特別訓練」を実施します。海上自衛隊からは、護衛艦1隻、潜水艦1隻、航空機数機が参加します。
アメリカ海軍からは潜水艦1隻が参加します。

【詳細は↓】


なお、この対潜特別訓練は、1957年から定期的に行われており、今回の実施で127回目となります。

前回の126回目の訓練は2015年2月に四国沖から九州南方に至る海域において実施され、アメリカ海軍からも潜水艦1隻が参加しています。

海自米海軍、9月21日から24日まで沖縄周辺海域対潜訓練合同実施


スポンサーサイト
[ 2015/09/19 18:44 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

米海軍空母G.ワシントン、来週にもサンディエゴでR.レーガンと交代

5月に日本を去ってオーストラリア方面で訓練を実施していたアメリカ海軍空母USSジョージ・ワシントン(CVN-73)が、2015年8月10日にカリフォルニア州サンディエゴに到着しました。San Diego Union-Tribuneが2015年8月5日に報じています。


サンディエゴで、乗員と第5空母航空団(CVW-5)は空母をUSSロナルド・レーガン(CVN-76)に乗り換え、8月下旬にサンディエゴを出発し、横須賀へ戻ってきます。

今回の空母交代は、G.ワシントンの燃料交換と寿命中期オーバーホールのため、ドック入りに伴うものです。これまでサンディエゴを母港としていたR.レーガンの乗員は、G.ワシントンをドックのあるアメリカ東海岸のバージニア州まで南アメリカ経由で回航します。

秋の終わり頃にはバージニア州ノーフォークから大西洋と地中海、インド洋、太平洋を作戦航海しながら世界一周したUSSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)がサンディエゴに到着し、乗員は艦を置いてバージニア州へ戻ります。G.ワシントンを回航した乗員もサンディエゴに戻り、T.ルーズベルトの乗員となります。

一見複雑な空母スワップですが、横須賀とサンディエゴ、ノーフォークの約9,000名の空母乗員は転勤せずに艦だけが移動することにより、4,100万ドル節約できるそうです。

米海軍空母G.ワシントン、来週にもサンディエゴでR.レーガンと交代


[ 2015/08/10 20:55 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。