ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

給油装置を完備したボーイングKC-46Aが初飛行

2015年9月25日13時25分に、ボーイングKC-46A空中給油機がワシントン州ペインフィールドで初飛行しました。KC-46Aは4時間の飛行ののち、シアトルのボーイングフィールドに着陸しました。

【詳細は↓】


KC-46Aの原型「EMD-1」の767-2Cは、2014年12月に初飛行し、150時間以上の試験飛行を実施していましたが、今回初飛行したのは空中給油機の仕様で作られた最初のKC-46Aでした。初飛行では最大高度3万5,000フィートまで上昇し、エンジンや操縦・環境維持システムなどのチェックを行いました。

アメリカ空軍のKC-46システム・プログラム・マネージャーのクリストファー・クームス大佐は「これで飛行安定性や給油ブームの操縦性、翼下空中給油ポッド(WARPs)の試験を開始することができる。計画にとって大きな一歩だ」とコメントしています。

ボーイングでは、2015年末までには空軍機との空中給油試験を開始し、ミッションシステムの実証試験を並行して進め、最近完了した貨物の地上ハンドリング試験と合わせて、2016年にはマイルストーンCを完了する予定です。

2011年にボーイングが受注したKC-46Aの設計・開発契約では、2機の767-2Cと2機のKC-46Aが生産されます。空中給油装備を搭載したKC-46AはFAAと軍の認証を受ける予定で、767-2Cは飛行試験を継続しその後空中給油システムを搭載してKC-46A仕様にアップグレードされます。
給油装置完備したボーイングKC-46Aが初飛行


スポンサーサイト
[ 2015/09/28 10:02 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。