ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

防衛省の2016年度概算要求、V-22は12機、F-35Aは6機を要求

防衛省は2015年8月31日、「平成28(2016)年度概算要求の概要」を発表しました。総額は5兆911億円で、過去最大の予算を要求しています。概算要求は各省庁が財務省に提出する来年度予算の見積もりで、これから12月にかけて査定が行われ予算案となるものです。



27年度の概算要求では、V-22を12機、F-35Aを6機、SH-60Kを17機など航空機を新たに48機調達するとしています。開発作業が大幅に遅れ2015年度は0機だったC-2は1機が要求されています。

艦載型多用途ヘリコプターと新空中給油・輸送機は機種を選定中で、機数や金額は未定です。また、海上自衛隊の新たな哨戒ヘリコプターの開発に295億円、陸上自衛隊の新多用途ヘリコプターの共同開発に122億円などを継続して要求しています。

各自衛隊の航空関連装備品の主な要求は以下のとおりです。

■陸上自衛隊
V-22 12機 1,321億円
 
■海上自衛隊
・SH-60K 17機 1,032億円 + 初度費12億円
・艦載多用途ヘリコプター 機種選定中
・P-3C機齢延伸 3機 12億円
・SH-60J機齢延伸 2機 10億円
・P-3C搭載レーダー能力向上 改修10式 部品7式 12億円

■航空自衛隊
F-35A 6機 10,35億円 + 初度費25億円
・F-2空対空戦闘能力向上 改修11機 部品12式 F-2へのJDCS(F)搭載改修 4機 38億円
・C-2 1機 229億円 + 初度費5億円
・UH-60J 8機 354億円
・E-2D 1機 238億円
・E-767能力向上 部品1式 14億円
・C-130Hへの空中給油能力付加 部品1式 12億円
・新空中給油輸送機 機種選定中

■共同部隊
・グローバルホーク 3機 367億円

防衛省2016年度概算要求V-22は12機、F-35Aは6機を要求

スポンサーサイト
[ 2015/09/02 11:58 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

防衛省、新型空中給油機を概算要求へ 機種・配備先は未定

防衛省は、平成28(2016)年度予算案の概算要求に、新型空中給油機の購入費用を盛り込む模様です。NHKが8月16日に報じています。



航空自衛隊は、現在KC-767J空中給油機を4機保有し、愛知県の小牧基地に配備しています。空中給油機は少ない戦闘機を有効に活用する必須の装備で、平成26(2014)年度からの中期防衛力整備計画では平成30(2018)年度までに新空中給油・輸送機を3機整備すると定めています。

防衛省では、購入費用を概算要求した後に、具体的な機種配備先を検討するとのことです。

現在、大型の空中給油・輸送機としてはボーイングKC-46とエアバスA330 MRTTがあり、アメリカ空軍以外ではA330 MRTTの採用が続いています。空自は、KC-767Jとの運用を考えると同系列のKC-46Aを選定するのが順当ですが、同機は開発が遅延しており希望する予算や納期に納まるのか不安があります。

防衛省新型空中給油機概算要求機種配備先未定

防衛省新型空中給油機概算要求機種配備先未定

[ 2015/08/18 11:57 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。