ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RAFのA400Mアトラス作戦可能に 7号機も受領

イギリス国防省は、2015年9月15日、空軍(RAF)のエアバスA400Mアトラス輸送機が、世界中で作戦可能な状態に達したと発表しました。同時に7号機をエアバス・ディフェンス・アンド・スペースから受領しました。

【詳細は↓】


RAFは27.5億ポンド、約5,150億円の予算で22機のA400Mを導入する予定で、すでにRAFブライズノートンに配備されている4機は作戦可能な状態で、3機もRAF仕様の機器類が取り付けられて2016年には作戦可能な状態になります。

RAFは2014年11月にA400Mの1号機を受領し「シティ・オブ・ブリストル」と名付けて乗員訓練や世界中での運用試験を重ねてきました。フィリップ・ダン防衛機器担当相は「A400Mがこのマイルストーンに達したのは、国防省やRAF、業界関係者らの努力の賜物だ。A400Mの性能は素晴らしく、予算も節約できた。今後の活躍に機体している」と話しています。

RAFのA400Mには、空中投下やパラシュート投下、高度な自己防衛機能などが数カ月以内に追加される予定です。

RAFのA400Mアトラス作戦可能7号機受領


スポンサーサイト
[ 2015/09/18 19:14 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

RAF、A400Mアトラス装備の飛行隊を再編成

イギリス空軍(RAF)でA400Mアトラス輸送機を運用する最初の飛行隊、第70飛行隊(LXX Sqn)が、RAFブライズ・ノートンで2015年7月24日に再編成され、アン王女から隊旗が授与されました。


イギリス空軍は、32トンの物資が搭載でき、従来のC-130より2倍速く、2倍遠くへ飛行できるA400Mを2018年までに280億ポンドかけて22機を整備します。LXX Sqnはその最初の飛行隊で、世界中で実施される作戦や人道支援活動をサポートします。

LXX Sqnは、第一次大戦中の1916年に編成された歴史のある飛行隊で、第二次大戦以降はおもに輸送機の飛行隊として活動し、C-130ハーキュリーズを使用していた2010年9月に一旦解散されていました。

RAF、A400Mアトラス装備の飛行隊を再編成

[ 2015/07/28 11:07 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。