ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統合幕僚監部、ネパールに医療援助隊を派遣 空自輸送機で物資輸送も

統合幕僚監部は2015年4月28日、医療援助隊第1陣の20名前後をネパールに派遣したと発表しました。この第1陣に続き、医療援助隊は110名程度を派遣する計画です。また、この派遣では、医療活動に必要な物資を輸送するため、航空自衛隊の輸送機を使用する計画です。

統合幕僚監部、ネパールに医療援助隊を派遣 空自輸送機で物資輸送も


防衛省は4月26日午後、現地に1等陸佐、2等空佐、内局から1名ずつ、計3名の調査チームを派遣し、被害状況の調査と支援ニーズの情報収集を行っていました。
スポンサーサイト
[ 2015/04/30 22:06 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

【お笑い韓国軍】韓国軍の稼働実績が『ありえない数字を叩き出して』

【お笑い韓国軍】韓国軍の稼働実績が『ありえない数字を叩き出して』日本人驚愕!!! 何かの間違いではないかと指摘される



お笑い韓国軍、自衛隊の高性能な上陸兵器装備に火病の反応!

お笑い韓国軍、自衛隊の高性能な上陸兵器装備に火病の反応!竹島奪還実力行使で軍事侵略ニダと発狂!



アジア海軍力ランキング、お笑い韓国軍が事実上最下位とアメリカが発表

アジア海軍力ランキング、お笑い韓国軍が事実上最下位とアメリカが発表→海上自衛隊に敗北で日本を侵略できないと反応・・・



各国空軍が救援機を派遣、大地震被害のネパール・カトマンズに

2015年4月25日にネパールで起きたマグニチュード7.9の大地震被害に対応して、各国が救援機を送り込んでいます。

インド空軍は4月25日の地震発生から4時間以内に対応を開始し、1機のC-130Jが39名の災害派遣チームと3.5トンの救援物資をカトマンズに空輸し、その後、2機のC-17が96名の災害派遣チームと15トンの救援物資、即応医療チームを空輸し、1機のIL-76が160名の災害派遣チームと5頭の捜索犬、28トンの救援物資を空輸しました。また、これらの機体を使用して、ネパール在住のインド国民約1,500人を救出しています。

アメリカ空軍は4月26日、国際開発庁(USAID)災害派遣対応チームを含む約70人と45トンの物資を搭載したC-17 1機をデラウェア州ドーバー空軍基地(AFB)から出発させました。

カナダ空軍は4月26日、災害派遣対応チーム(DART)要員と評価チーム、医療関係、消防士、救援物資などを載せたCC-177 1機をオンタリオ州第8航空団トレントン基地から出発させました。

イギリス空軍は4月27日、シェルターキット1,100セットとソーラーランタン1,700個、グルカ工兵チームを載せたC-17 1機を出発させました。

イスラエル空軍は4月27日、C-130J 2機とボーイング707 1機に救援物資と医療チームやなどを搭載してネパールへ出発させました。イスラエル空軍のC-130Jは、これが初めての実任務飛行となります。また、ガルフストリーム1機が、3人の赤ちゃんを含む11人のイスラエル国民を、4月26日にカトマンズから救出してイスラエルに帰還しました。

各国空軍が救援機を派遣、大地震被害のネパール・カトマンズに


オーストラリア空軍も、人道支援とオーストラリア国民救出のため、C-17 1機をネパールに派遣すると4月28日に発表しました。

搭載量が多く、長距離飛行が可能で、前線飛行場でも運用可能なC-17が、こういった緊急の災害派遣では真価を発揮するようです。日本はこのような事態を想定してC-2を開発していますが実用化に手間取っており、実際に海外へ運航できるようになるには時間がかかりそうです。
[ 2015/04/30 13:02 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

海上自衛隊岩国基地のUS-2、足摺岬沖で離水に失敗 当面は飛行停止に

海上自衛隊岩国航空基所属のUS-2、5号機「9905」が2015年4月28日、離水に失敗しました。当時、機体に搭乗していた19名は救命ボートで脱 出し、タンカーが救出したと伝えられています。高知海上保安部がメディアに提供した事故直後の画像では、コクピットなど機体前方が海水に浸かる状態となっ ています。

事故は、離着水を繰り返す訓練中に発生したもので、右翼エンジンが波の影響から脱落したと伝えられています。事故時は、波など何らかの理由でエンジンに大 きな衝撃が加わったことも想定されます。海上自衛隊では事故原因の調査を行います。US-2は、4基のロールスロイス製AE2100ターボプロップエンジ ン、6枚の複合材ブレードが搭載されており、短距離で離着水できる特徴を備えています。

海上自衛隊岩国基地のUS-2、足摺岬沖で離水に失敗 当面は飛行停止に

該当の5号機は、FlyTeamメンバーの投稿によると、2015年3月に定期整備を行っており、3月末にはその整備が終了し、任務についていたと見られます。

なお、事故現場は足摺岬沖の北東35キロほどの場所で、その海域には海自の護衛艦「きりさめ(DD-104)」と「あさゆき(DD-132)」が到着している模様です。

また、海自ではUS-2について当面、飛行停止とし、救難活動はUS-1で対応します。このため、US-2が参加を予定していたイベントに何らかの影響が 及ぶと見られます。主なイベントでは、5月3日(日・祝)に岩国基地で開催されるフレンドシップ・デーでの地上展示、5月16日(土)、5月17日(日) には「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2015 千葉・幕張」で飛行展示が予定されていました。
[ 2015/04/30 11:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アメリカ海軍、空母着艦を容易にする「魔法の絨毯」を実地試験

アメリカ海軍は、2015年4月26日、空母USSジョージH.W.ブッシュ(GHWB : CVN-77)が、新しい着艦誘導ソフトウェア、通称「マジック・カーペット(魔法の絨毯)」の試験を終えて、ノーフォークに帰港したと発表しました。

アメリカ海軍、空母着艦を容易にする「魔法の絨毯」を実地試験



マジック・カーペット・ソフトウェアは、F/A-18E/FとEA-18G用に開発されたもので、空母へのアプローチ中の機体の速度と仰角(AOA)を自動的に調節するものです。航空運用士官補のダン・マーズルフ少佐は、「このソフトにより着艦ミスややり直しを削減することができ、そのぶん作戦に専念することができる」と話しています。試験はタッチ・アンド・ゴーで行われ、実際に着艦することなく実施されました。

また、GHWBでは第122戦闘攻撃飛行隊(VFA-122)フライングイーグルスと第129電子攻撃飛行隊(VAQ-129)バイキングス、VAQ-131ランサーズ、第101海兵戦闘攻撃訓練飛行隊(VMFAT-101)シャープシューターズの着艦資格認定訓練(CQ)も行われました。VMFAT-101で訓練した海兵隊パイロット4名は順次、アラビア海の空母USSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)へ派遣されます。
[ 2015/04/29 20:19 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

政府、次期政府専用機の777-300ER デザインを発表

政府は2015年4月28日、導入を決定している次期政府専用機のデザインを発表しました。垂直尾翼は現在の747-400と同じ日章旗をベースにしていますが、胴体はエアライナーで採用が目立ちはじめた流線型を赤で描き、胴体の白にコントラストを加えています。

搭乗口付近には、「日本国 JAPAN」と記し、現行機と同様に日本の政府専用機デザインを引き継いでいます。

政府専用機は航空自衛隊で千歳基地の特別航空輸送隊、第701飛行隊が運航の任務を担っています。次期政府専用機はANAホールディングスが提案した777-300ERが採用されています。

政府、次期政府専用機の777-300ER デザインを発表



2019年度に導入する予定で、選定には天皇陛下や首相の輸送に必要な装備と随行員のためのスペースが確保でき、将来にわたり国内の民間航空会社等による整備体制が確保され、アメリカ東海岸へダイレクトで飛べる航続力などが重視されました。
[ 2015/04/29 16:18 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

アメリカ海兵隊、東富士演習場へのMV-22飛来計画 5月8日と9日に変更

南関東防衛局は2015年4月27日、アメリカ海兵隊のMV-22オスプレイ2機が、東富士演習場、北富士演習場で離発着訓練の実施予定について変更を発表しました。アメリカ海兵隊からの情報です。

アメリカ海兵隊、東富士演習場へのMV-22飛来計画 5月8日と9日に変更



当初の計画では5月8日(金)、5月10日(日)に実施としていましたが、5月8日(金)、5月9日(土)に実施し、5月10日(日)は実施しないとの連絡がありました。なお、飛来時の経由地などは不明です。
[ 2015/04/29 12:18 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

美保基地航空祭、YS-11でオープニング ブルーインパルスも展示飛行

鳥取県の航空自衛隊美保基地は2015年5月24日(日)、「美保基地航空祭 2015」を開催します。そのプログラムが発表されています。

航空祭は9時から15時まで、開門時間は8時30分予定で、オープニングフライトは9時ごろです。展示飛行はオープニングにYS-11、C-1、T-400が飛行します。戦闘機ではF-15とF-2が参加するほか、YS-11とC-1による物料投下、空挺降下なども展示されます。ブルーインパルスは12時55分のウォークダウンを皮切りに展示飛行を行います。また、飛行前にはサイン会も開催されます。

なお、航空祭開催中には、管制塔見学が先着750名を対象に実施されます。整理券を持つ方を対象に行うもので、9時から管制塔前で配布されます。

美保基地航空祭、YS-11でオープニング ブルーインパルスも展示飛行



■2015年 展示飛行プログラム
9:00ごろ オープニングフライト、YS-11、C-1、T-400
9:30〜9:50 T-400
9:50〜10:20 C-1、YS-11 (物料投下、空挺降下など)
10:25〜10:55 F-15、F-2
10:55〜11:05 CH-47
11:05〜11:15 海上保安庁ヘリコプター
12:55〜14:05 ブルーインパルス (ウォークダウン含む)

<地上展示機種> 9:00〜15:00
航空自衛隊:UH-60J、C-130H、U-4、T-7、T-400、YS-11、CH-47J、U-125、T-4、C-1(機内開放)
陸上自衛隊:AH-1
海上自衛隊:P-3C、MH-53E
海上保安庁:DHC-8-300

<催し>9:00〜15:00
消防展示
C-1機内開放
装備品展示
空挺団展示
広報展示ブース
陸上自衛隊車両展示
救命装備品展示
野点・邦楽
基地資料館開放
基地売店・グッズ・飲食
[ 2015/04/29 09:17 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

岩国基地のフレンドシップ・デー、充実の展示内容を発表 歌姫も登場



山口県のアメリカ海兵隊岩国基地で2015年5月3日(日・祝)、「フレンドシップ・デー(2015年日米親善デー)」が開催されます。このイベントで主な展示飛行や地上展示機の予定が発表されています。

2015年の目玉として、飛行展示に日本では初めてとなる「ブライトリング・ウィングウォーカーズ」が参加するほか、航空自衛隊のブルーインパルスが飛行展示を行います。また、世界各地で落下傘降下を披露しているレックス・ペンバートン・スカイダイビングも参加します。

アメリカ軍からは普天間から岩国基地に拠点を移してから、初めてのフレンドシップ・デーに参加する第152海兵隊空中給油輸送飛行隊(VMGR-152)所属のKC-130空中給油機がデモフライトを行います。また、三沢基地のF-16の展示飛行も行われます。

また、ウィスキー・パパ、レッドブルエアレースに参加する室屋義秀選手も展示飛行に登場します。なお、幕開けは海上自衛隊との共催ということもあり、海自が編隊飛行でオープニングを飾ります。

地上展示でもKC-130、F/A-18、EA-6Bなどに加え、海上自衛隊からUS-1A、US-2の救難飛行艇や、EP-3C、OP-3Cと情報収集機が展示されます。この数年はアメリカ軍の予算削減から規模縮小していたものの、海自との共催で充実した展示内容となります。

なお、海上自衛隊の歌姫として知られる三宅由佳莉3曹も、5月2日のプレイベントに続き、フレンドシップ・デーにもステージに登場します。

岩国基地のフレンドシップ・デー、充実の展示内容を発表 歌姫も登場


■フレンドシップ・デー(2015年日米親善デー)
<展示飛行>
航空自衛隊 ブルーインパルス
ブライトリング・ウィングウォーカーズ
レックス・ペンバートン・スカイダイビング
海上自衛隊 オープニング編隊飛行
アメリカ海兵隊 近接航空支援デモ
アメリカ海兵隊 空中給油デモフライト
アメリカ米太平洋空軍 F-16の展示飛行
競技曲技飛行チーム 「ウィスキー・パパ」 パイロット内海昌浩氏
レッドブルエアレース パイロット 室屋義秀氏
※ショーの合間に、岩国錦帯橋空港から全日空(ANA)が定期便の発着

<地上展示>
・アメリカ海兵隊
F/A-18
EA-6B
UC-12W
KC-130J
F-15
KC-135
HH-60G
E-3
UH-1
スーパーホーネット
グラウラー
MV-22オスプレイ

・海上自衛隊
US-1A救難飛行艇
US-2救難飛行艇
EP-3C電子戦データ収集機
OP-3C画像データ収集機
U-36A訓練支援機
MH-53E
MCH-101

<主な催し>
・ふわふわ遊具
・大型すべり台
・花電車
・海上自衛隊 制服、飛行服着用できる写真撮影ブース
・航空機との綱引き
・手作りの工作体験ブース(金魚の形をした紙ちょうちんづくり、錦帯橋の模型の組み立て)
・ミス岩国 海上自衛隊第31航空群の一日群司令
・ミス岩国統率の海上自衛隊 式典/パレード

<特設メインステージ>
・三宅由佳莉3曹 ステージ
・ファンシードリル
・制服ファッションショー
期日: 2015/05/03
[ 2015/04/28 22:09 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

アメリカ・アリゾナANG 162FW、F-16を70機以上保有

アメリカ空軍は2015年4月8日、アメリカのアリゾナ州東部の訓練空域を飛行するアリゾナ州空軍(ANG)第162航空団(162FW)のF-16の画像を公開しました。ツーソンを基地とする162FWは、海外のF-16パイロットの訓練も受け持っているため、70機以上のF-16C/D/MLUを保有しています。

アメリカ・アリゾナANG 162FW、F-16を70機以上保有


画像の機体、手前の2機はアリゾナANGの機体であることを示す「AZ」のテールレターをペインとしていますが、一番奥は「AT」で、ANG AFRC(空軍予備役)テストセンター(AATC)の機体のようです。AATCはF-16の運用試験を行っている部隊です。ブレイクとともにフレアーを射出しています。
[ 2015/04/28 21:09 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

F-35C、カリフォルニア州NASリムーアを訪問

アメリカ・フロリダ州エグリン空軍基地(ANG)でパイロットの訓練を行っている海軍第101戦闘攻撃飛行隊(VFA-101)グリムリーパーズのF-35CライトニングII 2機が、カリフォルニア州の海軍航空基地(NAS)リムーアを、2015年4月14日から6日間にわたって訪問しました。

F-35C、カリフォルニア州NASリムーアを訪問


NASリムーアはアメリカ海軍太平洋艦隊艦載機の基地で、2017年からF-35Cが配備される予定です。基地の隊員たちは将来配備される最新鋭機を見学する機会を得ました。
[ 2015/04/28 17:08 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

アメリカ海軍、空母着艦を容易にする「魔法の絨毯」を実地試験

アメリカ海軍は、2015年4月26日、空母USSジョージH.W.ブッシュ(GHWB : CVN-77)が、新しい着艦誘導ソフトウェア、通称「マジック・カーペット(魔法の絨毯)」の試験を終えて、ノーフォークに帰港したと発表しました。

マジック・カーペット・ソフトウェアは、F/A-18E/FとEA-18G用に開発されたもので、空母へのアプローチ中の機体の速度と仰角(AOA)を自動的に調節するものです。航空運用士官補のダン・マーズルフ少佐は、「このソフトにより着艦ミスややり直しを削減することができ、そのぶん作戦に専念することができる」と話しています。試験はタッチ・アンド・ゴーで行われ、実際に着艦することなく実施されました。

アメリカ海軍、空母着艦を容易にする「魔法の絨毯」を実地試験


また、GHWBでは第122戦闘攻撃飛行隊(VFA-122)フライングイーグルスと第129電子攻撃飛行隊(VAQ-129)バイキングス、VAQ-131ランサーズ、第101海兵戦闘攻撃訓練飛行隊(VMFAT-101)シャープシューターズの着艦資格認定訓練(CQ)も行われました。VMFAT-101で訓練した海兵隊パイロット4名は順次、アラビア海の空母USSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)へ派遣されます。
[ 2015/04/28 13:07 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

アメリカ海軍、空母USSセオドア・ルーズベルトをペルシャ湾へ戻す

アメリカ海軍は、2015年4月24日、空母USSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)とイージス巡洋艦USSノルマンディー(CG-60)が、イエメン沖のアラビア海からホルムズ海峡を通ってペルシャ湾に戻ったと発表しました。

両艦は、アラビア海とアデン湾、バブ・エル・マンデブ海峡、紅海南部の海上治安維持活動を実施するアメリカ軍部隊に参加するため、4月19日からイエメン沖に移動していました。

イエメンでは内戦が激化し、サウジアラビアなどスンニ派のアラブ諸国が介入し、約1カ月にわたり航空攻撃が実施されています。アメリカ軍は攻撃に参加していませんが、イエメンの反体制派へ武器を輸送するイラン船を監視しています。

アメリカ海軍、空母USSセオドア・ルーズベルトをペルシャ湾へ戻す

■空母セオドア・ルーズベルト搭載CVW-1所属飛行隊 / 搭載機
・第11戦闘攻撃飛行隊(VFA-11)レッドリッパーズ F/A-18F
・第211戦闘攻撃飛行隊(VFA-211)ファイティング・チェックメイツ F/A-18F
・第136戦闘攻撃飛行隊(VFA-136)ナイトホークス F/A-18E
・第251海兵戦闘攻撃飛行隊(VMFA-251)サンダーボルツ F/A-18C
・第137電子攻撃飛行隊(VAQ-137)ルークス EA-6B
・第125早期警戒飛行隊(VAW-125)タイガーテイルズ E-2D
・第11対潜ヘリ隊(HS-11)ドラゴンスレイヤーズ SH-60F/HH-60H
・第40艦隊補給飛行隊(VRC-40)ロウハイズ C-2A
[ 2015/04/28 10:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

浜松基地、5月の夜間飛行訓練の予定日を発表

航空自衛隊浜松基地は、2015年5月の夜間飛行訓練の予定を発表しています。夜間飛行はジェット練習機、早期警戒管制機、捜索・救難機でそれぞれ実施します。

浜松基地、5月の夜間飛行訓練の予定日を発表


訓練予定は以下の通りです。
■5月の訓練予定日と予備日
<ジェット練習機>
・5月12日(火)、5月13日(水)(予備日5月14日(木)、21日(木))
・5月18日(月)、5月19日(火)、5月20日(水) (予備日5月25日(月)〜28日(木))

<早期警戒管制機>
・5月11日(月) (予備日5月12日(月)〜14日(木))
・5月18日(月)、5月20日(水) (予備日5月19日(月)〜21日(木))
・5月25日(月) (予備日5月26日(月)〜28日(木))

<捜索・救難機>
・5月7日(月)
・5月11日(月)、5月12日(火)、5月13日(水) (予備日5月14日(木))
・5月18日(月)、5月19日(火) (予備日5月20日(水)、21日(木))
・5月25日(月)、5月26日(火) (予備日5月27日(水)、28日(木))
[ 2015/04/27 22:16 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ソマリア沖海賊対処の海自P-3C部隊、4月、5月に第19次隊へ交代

自衛隊統合幕僚監部は、2015年4月17日、アフリカのソマリア沖・アデン湾での海賊対処に派遣されている海上自衛隊P-3C航空部隊を、2015年4月下旬から5月上旬にかけて交代すると発表しました。

ソマリア沖海賊対処の海自P-3C部隊、4月、5月に第19次隊へ交代


4月と5月に派遣されるのは第19次派遣要員で、八戸航空基地の海自第2航空群のP-3C部隊を基幹とした隊員で構成されます。同派遣要員は4月28日(火)に八戸航空基地から2機のP-3Cが出発します。また、5月12日(火)には成田空港から民間の定期便でそれぞれ現地へ向かいます。

なお、第18次派遣要員の那覇基地などの部隊は、5月12日(火)と5月14日(木)に帰国します。
[ 2015/04/27 19:15 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

アメリカ海兵隊、5月8日と10日に東富士演習場へMV-22飛来を計画

南関東防衛局は2015年4月23日、アメリカ海兵隊のMV-22オスプレイ2機が、5月8日(金)、5月10日(日)、東富士演習場、北富士演習場で離発着訓練を実施する可能性があると発表しました。アメリカ海兵隊からの情報です。

アメリカ海兵隊、5月8日と10日に東富士演習場へMV-22飛来を計画


海兵隊のMV-22の東富士、北富士演習場への飛来時には、岩国基地を経由し、横田、厚木基地にも飛来する可能性も考えられますが、今回の飛来では経由地などは不明です。防衛省では、計画は天候等により変更の可能性があるとしています。
[ 2015/04/27 15:14 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

A-10C、前線の飛行場で大規模な修理を5日間で完了

常に予算削減の対象となるアメリカ空軍のA-10CサンダーボルトIIですが、エンジンの大規模な修理を前線の飛行場でわずか5日間で完了させ、新たな神話を追加した模様です。アメリカ空軍が2015年4月24日に発表しました。

イラク上空で空中給油訓練をしていたA-10Cは、エンジン1基に壊滅的な故障が生じ、イラクのアル・アサド基地に緊急着陸しました。アル・アサド基地は、2015年2月にISILに包囲、攻撃された前線の基地です。

A-10Cの損傷を評価して、必要な部品のリストを作成する9名の整備士チームが、アル・アサド基地へ急行しました。チームは必要な部品をアメリカ本土か ら取り寄せたのでは修理に通常1カ月近くかかると見積もりました。しかし、アル・アサド基地が安全な場所ではないため、一刻も早く機体を安全な基地へ飛ば したい第332遠征航空群(332AEG)にとって受け入れられない事態でした。

A-10C、前線の飛行場で大規模な修理を5日間で完了

必要な部品があれば何日で修理が完了するかとの332AEG司令の問いに、整備士は5日間と答え、至急部品が手配されました。また、駐機場からハンガーに 機体を移動させる牽引車がなく、14人の兵士が4万ポンド(約18.1トン)のA-10Cを70ヤード(約64メートル)の坂を押し上げました。

整備に使ったハンガーは以前イラク軍が使用していた廃墟で、照明も電話もFAXやインターネットもない施設でした。遺棄された機材を利用して猛暑の中、シャワーもない環境で、整備士たちは約束どおり5日間でA-10Cを飛行させました。

これまでも地上砲火によりメチャメチャに壊れたA-10が生還したケースがありましたが、充分な整備機材がない場所でも修理が可能であることが実証されました。
[ 2015/04/27 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

厚木基地、5月2日に日米親善春まつりを開催

「春まつり」は神奈川県のアメリカ海軍厚木基地が一般開放され、航空機や施設を見学したり、屋外で飲食ができます。このイベントにあわせた飛行展示はありませんが、定期的に運航されているアメリカ軍のビジネスジェットが飛来したり、戦闘機が飛行する様子も至近距離で見ることができます。通常の任務を行う航空機が離着陸を行うほか、横須賀基地に入港する艦船の飛行隊も飛行を行う可能性があります。

基地内では、アメリカ海軍、海上自衛隊の航空機地上展示、飛行隊グッズの販売、アメリカンフード等のブースが出展されます。

厚木基地、5月2日に日米親善春まつりを開催



なお、入場は、日本国民を証明できる写真入りの身分証明書の提示が必須で、例外は一切認められていません。主催者側から重ねて身分証明書について注意が呼びかけられています。また、ICチップ入り新型の運転免許証では、本籍地が確認できないため、入場が認められません。
[ 2015/04/26 22:06 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

政府専用機、首相のアメリカ訪問で4月26日から運航

防衛省は、2015年4月26日から5月3日まで、安倍首相のアメリカ訪問のため政府専用機を運航すると発表しました。

政府専用機はアメリカではボストンに到着、その後ワシントン、サンフランシスコ、ロサンゼルスを経由し、現地5月2日にロサンゼルスを出発、5月3日に羽田空港に帰着する予定です。

政府専用機、首相のアメリカ訪問で4月26日から運航



スケジュールは以下の通りです。

■政府専用機 2015年4月26日〜5月3日の運航計画(日本時間での表記)
4月26日(日) 東京国際空港発 → ボストン着
4月27日(月) ボストン発 → ワシントンD.C.着
4月30日(木) ワシントンD.C.発 → サンフランシスコ着
5月1日(金) サンフランシスコ発 → ロサンゼルス着
5月2日(土) ロサンゼルス発
5月3日(日) 東京国際空港着
[ 2015/04/26 20:05 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

厚木基地、5月2日の日米親善春まつり概要を発表 学生証は入場不可

アメリカ海軍厚木基地は2015年5月2日(土)、「日米親善春まつり (NAF Atsugi Spring Festival)」を開催します。例年通り、開門は10時から、閉門は17時30分です。海上自衛隊厚木航空基地との共催となります。

アメリカ海軍、海上自衛隊の航空機を地上展示するほか、ライブコンサート、アメリカンフードなどを販売するブース、飛行隊グッズの販売、NAF厚木茶道クラブの野点などがあります。

海上自衛隊のイベントでは自衛官制服ファッションショー、海上自衛隊下総航空基地ミニP-3Cによるパフォーマンス、派遣海賊対処行動航空隊活動内容展示、海上自衛官によるラッパ吹演展示、手旗信号レッスン、結索体験、自衛隊神奈川地方協力本部マスコット「はまにゃん」の参加などが予定されています。

厚木基地、5月2日の日米親善春まつり概要を発表 学生証は入場不可



なお、入場時に16歳以上の方を対象に公的な身分証明書の提示が必須です。運転免許証を提示する場合は本籍記載の住民票、または運転免許試験場や警察署の専用発行機で発行された記載印字票の提示が必要です。その他、パスポート、写真付き住民基本台帳カードで、これ以外の身分証を用意していない場合は入場出来ないとしています。学生証は使用できないことも案内されています。

[ 2015/04/26 16:04 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

レッドブル・エアレース千葉、US-2と千葉市消防航空隊がデモフライト

2015年5月16日と17日の2日間、千葉県の幕張海岸で開催される「レッドブル・エアレース千葉2015」で、海上自衛隊のUS-2救難飛行艇が飛行展示を実施します。

レッドブル・エアレース千葉、US-2と千葉市消防航空隊がデモフライト



離着水するかどうかは不明ですが、海上で行われる航空イベントにピッタリのゲスト参加です。そのほか、千葉市消防飛行隊もAS365N3で飛行展示を実施します。イベント当日のプログラムは近日中に「レッドブル・エアレース」のオフィシャルサイトで発表されます。
[ 2015/04/26 12:03 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

35FW所属F-16の16機、4月26日と28日に早朝離陸

青森県のアメリカ空軍三沢基地第35戦闘航空団(35FW)は、2015年4月26日(土)、4月28日(火)、アメリカ本土で実施される演習に参加するため、早朝離陸を行います。離陸時間は6時、6時30分を予定しています。機種はF-16戦闘機で、計16機が演習に参加するために移動します。

35FW所属F-16の16機、4月26日と28日に早朝離陸



詳しくは三沢市のホームページを参照ください。


[ 2015/04/26 08:56 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

ANA、28機目の777-300を受領 4月24日夜に羽田到着へ

全日空(ANA)は2015年4月23日(木)、28機目となる777-300、機材番号(レジ)「JA791A」を受領しました。この機体は、ペインフィールド空港を4月23日(木)18時20分すぎに出発し、羽田空港へ4月24日(金)の20時前に到着する予定です。

「JA791A」は、3月に受領した「JA790A」に続き、2015年にANAが受領する2機目777-300となります。また、「JA790A」は成田空港へデリバリーされましたが、今回は羽田空港へ運航される予定です。

ANAは現在、777を56機保有しており、このうち777-200、777-300とも28機ずつとなります。

[ 2015/04/25 20:56 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

フォーシーズンズ・ホテル、黒塗装のプライベートジェットを公開

五ツ星ホテルを世界各地で運営するフォーシーズンズ・ホテルズ・アンド・リゾーツは2015年4月23日、世界各地を巡るプライベートジェットを公開しました。フォーシーズンズ・ブランドの高級なサービスを機内でも提供するもので、旅行者のニーズが変化に対応し、旅客の期待を超える体験を空の上でも実現します。

機内の装備は現代的なデザインの中にも豪華さがあり、イタリアのデザイナー「イアコブッチ(Iacobucci)」が手がけた革張りのフラットベッドシートには心地良いカシミヤ毛布が提供されるほか、機内食で提供される食器にも高級感と使いやすさに気配りされたものが選ばれ、細かいところにまで行き届いた物が選ばれています。

航空機の外観は黒い塗装で光沢に仕上げられ、フォーシーズンズのブランドの由来を示す「四季の木」は尾翼に描かれ、同ブランドで最も大きいロゴとなりました。

フォーシーズンズ・ホテル、黒塗装のプライベートジェットを公開



機内でサービスを行う乗務員も航空機の安全面での訓練に加え、ゲストサービス・マネージャーを含め訓練を行っています。この機体は、フォーシーズンズが行う世界各地の同社ブランドを巡るツアーに加え、機体と乗務員を含めたチャーターの利用にも対応します。

この機材はイギリスのTAG エイビエーションが運航、機体記号(レジ)は「G-TCSX」です。


[ 2015/04/25 14:55 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

陸自目達原駐屯地所属のAH-1S、2機が佐賀空港周辺でデモフライト

陸上自衛隊目達原駐屯地所属のAH-1Sの2機が2015年4月24日(金)、佐賀空港を中心としたヘリ用経路、オスプレイ用経路をフライトしました。10時から11時の午前中には佐賀空港近くを周回、13時30分から14時30分は陸自に導入が予定されているオスプレイ用の経路での飛行となりました。

佐賀空港への進入も午前は柳川市方向から、午後は白石町方向からそれぞれ進入し、佐賀市、白石町、柳川市の5カ所で騒音測定が行われました。MV-22オスプレイはアメリカ海兵隊と調整が行われたものの、使用されませんでした。

陸自目達原駐屯地所属のAH-1S、2機が佐賀空港周辺でデモフライト



このデモフライトは、陸上自衛隊目達原駐屯地のヘリコプター部隊のOH-1観測ヘリコプター、OH-6観測ヘリコプター、UH-1多用途ヘリコプター、UH-60多用途ヘリコプター、AH-1対戦車ヘリコプター、AH-64D戦闘ヘリコプターが移駐、それとあわせ陸上自衛隊に導入するMV-22、アメリカ海兵隊のオスプレイについても受け入れにむけた住民向けの試験飛行です。4月25日(土)にも同様の飛行経路でデモフライトが行われます。
[ 2015/04/25 12:54 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

東京みなと祭、5月23日と24日に開催 東京消防庁航空隊が演習を披露

東京都港湾局は2015年4月22日、「第67回東京みなと祭」を5月23日(土)、5月24日(日)に開催すると発表しました。1941(昭和16)年5月20日の東京港開港を記念して開催されており、東京港の役割が紹介されるイベントです。

会場は晴海客船ターミナル周辺で、SH-60Jヘリコプターを搭載する護衛艦「ゆうぎり(DD-153)」が2日間、一般公開されるほか、しゅんせつ船「海竜」、東京海洋大学の海洋調査・練習船「海鷹丸」、海洋調査船「かいよう」は5月23日の1日間の公開されます。

また、5月24日(日)は東京消防庁による「水の消防ページェント」が開催されます。消防艇による分列航進や一斉放水、消防ヘリコプターが参加した船舶火災、水難救助演習などが行われます。東京消防庁は24日に大型化学消防艇「みやこどり」を一般公開します。

東京みなと祭、5月23日と24日に開催 東京消防庁航空隊が演習を披露



詳しいイベントなどは「東京みなと祭」のホームページを参照ください。

■「第67回 東京みなと祭」主なイベント
<航空関連>
・ヘリコプター搭載護衛艦「ゆうぎり(DD-153)」の一般公開
・水の消防ページェント 東京消防庁航空隊ヘリコプターが参加

<船舶の一般公開>
海竜、海鷹丸、海洋:一般公開 5月23日(土)
護衛艦「ゆうぎり」:一般公開 5月23日(土)、5月24日(日)
大型化学消防艇「みやこどり」:一般公開 5月24日(日)

<みなと祭賑わい広場> 5月23日(土)、5月24日(日)
・冷凍コンテナの中に入れる体験コーナー、フリーマーケットなど

<見て!ふれて!東京港> 5月23日(土)、5月24日(日)
・レストランシップや海上保安庁など東京港関係のPRコーナー

<自衛隊 東京地方協力本部> 5月23日(土)、5月24日(日)
・自衛隊車両体験試乗、組み紐体験、「トウチ君と遊ぼう!」など

<「クイーンスターズ」のドリル走行> 5月24日(日)
・警視庁女性白バイ隊によるドリル走行

<ポートステージ> 5月23日(土)、5月24日(日)
・「プリンセス・プリキュア」キャラクターショー、東京税関、東京消防庁音楽隊の演奏

<スケアード・ストレイト交通安全教室> 5月23日(土)、5月24日(日)
・自転車シミュレータ安全教室:交通安全教室、事故シミュレーション体験

<晴海そらスタジオ> 5月23日(土)、5月24日(日)
・日本初の重力体感アトラクションイベント(有料)

<共催イベント:東京ドラゴンボート大会2015> 5月17日(日)
お台場海浜公園:竜の形のドラゴンボートで速さを競う、16日は一般向け試乗会
[ 2015/04/25 08:53 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

35FWのF-16、4月24日に三沢基地でデモフライト訓練を実施

青森県のアメリカ空軍三沢基地第35戦闘航空団(35FW)は、2015年4月24日(金)、デモフライト訓練を実施します。機種はF-16戦闘機1機で、三沢飛行場上空で実施します。

35FWのF-16、4月24日に三沢基地でデモフライト訓練を実施


訓練時間は9時から9時25分、12時から12時25分までの25分間の訓練を1日2回、実施する予定です。操縦者の技量維持が目的です。

訓練は天候などの都合により、日時が変更となる場合もあります。詳しくは三沢市のホームページを参照ください。

[ 2015/04/24 22:06 ] ミニタリーニュース | TB(-) | CM(0)

QE級2番艦、HMSプリンス・オブ・ウェールズの前部艦橋が完成

イギリス海軍が建造中のクイーン・エリザベス級空母の2番艦、HMSプリンス・オブ・ウェールズの前部艦橋が、グラスゴーで完成し、2015年4月24日にロサイスへ向けてはしけで運ばれます。

クイーン・エリザベス級空母は、イギリス海軍が半世紀ぶりに建造する本格的な空母です。当初は電磁カタパルトと拘束着艦装置を備えた通常型の空母で、搭載機にはF-35Cを予定していましたが、建造費削減のためこれらの装備が省かれたSTOVL空母となり、搭載機はF-35Bになります。

QE級2番艦、HMSプリンス・オブ・ウェールズの前部艦橋が完成


ガスタービンエンジンで発電された電力で推進する統合電気推進方式が採られているほか、前後2つの艦橋を備えるのが大きな特徴です。前部艦橋はおもに航海用のもので、後部艦橋は航空運用用に分けられています。しかし、戦闘で損傷した場合などは他方の機能を引き継ぐ用意がなされており、艦の生存性を高めています。

前部艦橋には視界を確保するために最大で高さ2メートルの窓が設けられていますが、ヘリコプターの回転するローターの衝撃に耐える設計となっています。
[ 2015/04/24 20:05 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。