ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海兵隊のMV-22Bオスプレイ、カーゴドアを閉じて飛行する規則に

アメリカ海兵隊のMV-22Bオスプレイが、安全のため新しい規則を適用し始めました。アメリカ・ノースカロライナ州の海兵航空基地(MCAS)チェリーポイントの地元メディア、Havelock Newsが報じています。

新しいルールは、2014年にMCASニューリバー所属のMV-22Bから搭乗員が転落死したことへの対策で、すべての第26海兵航空群(MAG 26)のMV-22Bは、着陸態勢時や作戦上必要な時を除いて飛行中はカーゴドアをアップ・ポジションにして閉めておくというものです。これらは各種のマニュアルでも規定されているとのことです。


そして、作戦上カーゴドアを水平状態にするときには、常に転落の危険があることを機長と搭乗員は共有しなければならないとしています。

軍用のヘリコプターなどは、ドアを開け放して飛行するシーンをよく見ますが、命綱(モンキー・ハーネス)の装着が規則で定められています。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/03/12 15:40 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6089-569282c1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。