ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ空軍最古のC-130が退役、ボーンヤードへ

アメリカ空軍が運用する最古のロッキードC-130ハーキュリーズ、「62-1863」HC-130Pコンバットキング、愛称「Iron Horse」が、2015年3月3日、ジョージア州ムーディー空軍基地(AFB)から最後の飛行を実施し、アリゾナ州デビスモンサンAFBのボーンヤードに到着しました。



62-1863は52年間現役で使用され、その間に2万7,533時間飛行しました。この飛行時間はアメリカ空軍のC-130としては2番目の長さです。

最初は1962年に通常の輸送型C-130Eとして空軍に配備されますが、途中EC-130C空中指揮管制センターに改造され、2003年には救難ヘリを空中給油などで支援するHC-130Pに改造されました。

2011年からは、ムーディーAFBの第23航空団に新型のHC-130JコンバットキングIIの配備が始まり、旧型機の退役も進んでいます。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/03/12 22:44 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6094-e058afa4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。