ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機雷戦システム完備のMCH-101、海上自衛隊に初納入される

アグスタウエストランドと川崎重工は、2015年3月10日、航空対機雷戦(AMCM : Airborne Mine Counter Measures)システムを搭載したMCH-101ヘリコプター「8656」を、初めて海上自衛隊に納入したと発表しました。

川崎重工の岐阜工場で2月27日に納入式が行われ、「8656」は岩国基地の第51航空隊にデリバリーされ、2016年の運用開始を目指して評価試験が行われます。



MCH-101に搭載されるAMCMシステムは、ノースロップ・グラマンのAN/AQS-24A機雷掃討システムとAN/AES-1レーザー機雷探知システム(ALMDS)で構成されます。AN/AQS-24Aはサイドスキャン・ソナーとレーザー・ラインスキャナーを備え、沈底機雷と係維機雷などを発見し、位置を特定します。AN/AES-1はパルスレーザーとストリークチューブ・レシーバーで海面近くの機雷を探知します。

AN/AQS-24Aを搭載できるのは、シコルスキーMH-53Eとアグスタ・ウエストランドAW101(MCH-101)の2機種だけです。

今回納入されたMCH-101は、川崎重工が海上自衛隊向けにライセンス生産する13機のMCH-101/CH-101のうちの8番目、MCH-101の6号機です。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/03/15 11:03 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6110-8b1e10b5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。