ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノースロップ・グラマン、フル・ウエット・ウイングのE-2D輸出型を開発中

ノースロップ・グラマンは、E-2Dアドバンスド・ホークアイの輸出バージョンを開発している模様です。Aviation Internationalが2015年3月17日付けで報じています。

ノースロップ・グラマンのジェイ・マホールAEWビジネス開発部長が、ロンドンで開催されているISR(情報収集・監視・偵察)機に関する会合で明かしたものです。


アメリカ海軍はE-2Dの滞空時間を延ばすために、2020年からの運用開始を目指して固定式の空中給油プローブの開発をノースロップ・グラマンに命じています。しかし、空中給油に慣れていない国に輸出するために、空中給油なしで8〜9時間滞空できるE-2Dの輸出バージョンを開発しているとのことです。

マホール部長は「フル・ウエット・ウイング」と表現していますから、主翼内の燃料タンクを拡張したものとみられ、陸上運用に不要な主翼折り畳み機構を省いているのかもしれません。

2014年11月に航空自衛隊がE-2Dの導入を決めていますが、このフル・ウエット・ウイング型を採用するか否かは不明です。ノースロップ・グラマンは現在、インドやマレーシア、アラブ首長国連邦にE-2Dの売り込みをかけています。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/03/20 10:02 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6143-ef3ee2c3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。