ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ空軍に2機しかない珍種、E-9Aウィジェット

アメリカ・フロリダ州のエグリン空軍基地(AFB)公式サイトは、アメリカ空軍に2機しかないE-9Aウィジェットを紹介しています。

E-9Aは、ボンバルディアDash-8を改装した機体で、フロリダ州のティンダルAFB第82航空標的飛行隊(82ATRS)に配備され、メキシコ湾の実弾射撃空域で、海上監視とテレメトリー/UHF無線中継プラットフォームに使用されています。

82ATRSには2機のE-9Aのために、パイロット7名とレーダーオペレーター5名が配属されています。機体には最大25マイル離れた救命筏を探知できるAN/APS-143(V)海上監視レーダーが搭載され、実弾射撃空域の安全管理部署へデータを送信します。

82ATRSのアンソニー・カーソン少佐によると「これまで5年間で約1,400時間E-9Aで飛行してきた。ニッチなミッション専用のE-9Aは信頼性は99パーセント以上で、小さな家族のような組織がそれを支えている」と話しています。

ちなみにE-1トレーサーは海軍のAEW、E-2ホークアイも海軍のAEW、E-3セントリーが空軍のAWACS、E-4ナイトウォッチも空軍の空中指揮 所、E-5は不採用、E-6マーキュリーが海軍の通信中継機、E-7が737 AEW&C、E-8が空軍のJSTARS、そしてE-9、E-10は不採用、E-11は空軍のボンバルディア・グローバル・エクスプレス改装の無 線中継機となっています。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/03/31 10:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6239-8f8dce8b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。