ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かつての生まれ故郷ウイチタでB-29がロールアウト 今夏の飛行を目指す

かつての生まれ故郷ウイチタでB-29がロールアウト 今夏の飛行を目指す

民間有志の団体「Doc's Friends」が修復していたB-29「Doc」が、かつての生まれ故郷のカンザス州ウイチタで完成し、2015年3月23日にロールアウト式典が開催されました。

B-29「Doc」は、1945年カンザス州のボーイング・ウイチタ工場で製造されたB-29-20-BWです。1956年に退役し、40年近くカリフォルニア州のモハーベ砂漠に放置されたあと航空史研究グループに発見され、細々と修復されていました。

2000年にはウイチタに運ばれ、ボーイングやスピリット・エアロシステムズの熟練工や退役軍人、現役軍人らがボランティア参加して本格的な修復が始まりました。格納庫が必要になったとき「Doc's Friends」が組織され、寄付を集めるなど大きな動きになり、ボーイングが格納庫を寄贈するなどしました。

「Doc's Friends」では2015年夏までにB-29「Doc」を飛行させ、博物館を建設し、運営することを目指しています。現在、飛行可能なB-29は1機のみで、B-29「Doc」が飛行すると2機になります。

Doc Rollout Event
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/04/02 16:18 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6250-26e9ffce


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。