ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サバゲーの歴史

サバゲーの歴史

歴史
ツヅミ弾とペイントボール時代

1970年代にツヅミ弾が発射出来る遊戯銃が発売され、それを使用した戦争ごっこ的な遊びがルーツと考えられる。 1980年代前半に日本の銃器専門誌においてアメリカのペイントボールが紹介されたが、[3]炭酸ガスをパワーソースとする当時の海外のペイントガンは日本では認められていない高圧ガスを使用していた為、当時は「ツヅミ弾」を使用したエアソフトガンによるサバイバルゲームが広まっていった。
6ミリBB弾の登場
BB弾

1985年に東京マルイが6mm径のプラスチックBB弾を使った初のコッキング式のエアソフトガン「ルガーP08」を発売、またJACではBV式ガスガンに6mmBB弾を採用し、マルゼンKG-9をはじめ、MGCベレッタM93R、マルシンM1カービン、ファルコントーイMP5SD3、コクサイM16、ウエスタンアームズAR-7などに次々と採用され、サバイバルゲームで広く使用されるようになった。当時のエアソフトガンは玩具としてのリアル感を重視するモデルガン要素が強かったが、次第にサバイバルゲームでも使われるようになった。
電動ガンの登場とホップアップ機構の出現
東京マルイ製のAK-47の電動ガン


1991年に東京マルイから、銃本体に内蔵したニッカドバッテリーを動力源とする電動ガンが発売され、軽量であったことなどから普及し、後にパワーを上げずに飛距離を延長できるホップアップ機能が追加されると、1990年代中期には、ガスタンク等を必要とするガスガンは影を潜め1990年代後期には電動ガンがサバイバルゲームの主流となっていった。 一方ガスガンは小型化の方向に進み、リアルな作動を売りにしたブローバックガスガンが開発された。

また、この頃になると「1Jルール」と呼ばれるルールが雑誌等によって普及され、一般的となった。そうした経緯もあってか、過度のパワーアップはサバイバルゲームの愛好家の間では下火となった。カスタムパーツを製造するメーカーも1〜1.5J程度のパワーアップに関するパーツの製造は行われていたものの、全体を通して見ればドレスアップを中心としたものに移行していったと言える。
銃刀法の改正による環境の変化

2000年代半ばに極端にパワーを上げたエアソフトガンによる事件が頻発するようになると、これを受けて2006年3月に改正銃刀法が施行された。

当時、ボルトアクションライフルタイプのエアソフトガンや狙撃銃スタイルのエアソフトガンはレギュレーション(サバイバルゲームのルール)によってパワーの面で若干優遇される事が多かった。

これは連射のきかないスナイパーライフルの不利を射程の長さで埋める事が目的であったが、銃刀法改正以後はそうした優遇措置を行うことができなくなった。

また、改正以前はパワーアップを目的としたカスタムが行われていたが、現在は法規制に則った飛距離と精度を上げるカスタムが主流となっている。
国際的な広がり

サバイバルゲームはアジア諸国に伝播して愛好者を増やし、その後は北米やヨーロッパにおいてもAirsoft Warという名前でペイントボールとは別の魅力を持つ遊びとして広がっており、YouTubeなどの動画サイトで検索すると海外でのゲームの様子を記録した動画を多数観ることができる。
関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6258-0000ee9c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。