ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ空軍嘉手納基地内のラジコン機飛行ルール

クアッドコプターなど安価で高性能なラジコン機の普及により、さまざまなトラブルが急増しています。沖縄県のアメリカ空軍嘉手納基地では、基地内でのラジコン機の飛行ルールを守るよう呼びかけています。

アメリカ空軍嘉手納基地内のラジコン機飛行ルール


まず、嘉手納基地内で飛行可能なラジコン機は、電動クアッドコプターかヘリコプター、翼幅3フィート以内の電動固定翼機に限られ、エンジン機を飛ばすことはできません。飛行可能な場所は、運動場内の芝地かソフトボール場、住宅地内に限られ、飛行高度も50〜70フィート以下に制限されます。また、風速15ノット以上の時は飛行ができません。

以前、ホワイトハウスで職員がクアッドコプターで遊んでいて、墜落させ騒ぎになったことがあります。基地内では離着陸する航空機の安全に関わり、軍事上の秘密保持、テロ対策などで制限は必須と言えますが、基地内に住む人たちの娯楽を奪うわけにもいかないのでしょう。ちなみに、RQ-4グローバルホークは翼幅約116フィートあります!
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/04/10 20:19 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6302-8e15c7af


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。