ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バルト海でのRC-135UとSu-27の接近飛行が外交問題化

アメリカ政府はバルト海上空でのSu-27の危険な飛行について、ロシア政府へ抗議したと、2015年4月12日に国防総省のマーク・ライト報道官が明らかにしました。AP通信が伝えています。

この抗議は、4月7日にポーランド北の公海上を飛行したアメリカ空軍のRC-135U偵察機に対して、インターセプトしてきたロシア空軍のSu-27が後方から高速で接近し、2回以上追い越したり接近するなど「プロらしくない危険な飛行をした」というものです。

バルト海でのRC-135UとSu-27の接近飛行が外交問題化

アメリカ政府は、2014年4月にもオホーツク海上の偵察機へのインターセプトについてロシア政府に抗議をしています。

一方ロシア軍のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は「RC-135Uはトランスポンダを切ってロシア国境に向けて飛行してきた。ロシア空軍パイロットは職責を果たした。アメリカの偵察機はアメリカ国境に沿ってのみ飛行すればいい」と話しています。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/04/15 11:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6329-94b2b6ec


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。