ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ空軍、KC-46A予備役部隊を配備する基地候補を発表

アメリカ空軍は、2015年4月14日、KC-46Aペガサス空中給油機の最初の予備役部隊配備基地として、オクラホマ州ティンカー空軍基地(AFB)、ノースカロライナ州シーモア・ジョンソンAFB、マサチューセッツ州ウエストオーバー空軍予備基地(ARB)、インディアナ州グリソムAFBが候補に挙がっていると発表しました。

アメリカ空軍は2019会計年度から、予備役部隊でのKC-46Aの運用を開始する計画を立て、2015年夏から候補基地で環境評価分析プロセスを開始します。

アメリカ空軍、KC-46A予備役部隊を配備する基地候補を発表


KC-46Aの基地についてはすでに、訓練基地がオクラホマ州アルタスAFB、最初の実戦部隊基地がカンザス州マコーネルAFB、最初の州空軍(ANG)部隊基地がニューハンプシャー州ピーズ州空軍基地(ANGB)と決定しています。

肝心のKC-46Aは開発が遅れており、原型となる767-2Cは半年遅れで2015年1月に初飛行しましたが、給油システムを装備したKC-46Aの初飛行は2015年夏になりそうです。ほぼ同様な機種であるKC-767の場合、イタリア空軍への納入が約5年、航空自衛隊への納入が約1年遅れた前歴があります。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/04/16 18:14 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6331-15aed386


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。