ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーストラリア空軍パイロット、初めてP-8Aを操縦

2015年4月14日、オーストラリア空軍(RAAF)のパイロットが、初めてアメリカ海軍のP-8Aポセイドンを操縦しました。

RAAFのジェームズ・ピアーズ大尉は、4月14日、アメリカ・フロリダ州の海軍航空基地(NAS)ジャクソンビルで、P-8Aで約4時間飛行して同基地 に着陸しました。ピアーズ大尉は「AP-3Cと比べたら、P-8Aの自動化とパイロットの支援機能は驚くべきレベルだ。P-8Aは期待どおりに飛んでくれ た」と話しています。

オーストラリア空軍パイロット、初めてP-8Aを操縦

RAAFは2017年から2021年までに8機のP-8Aを配備する計画を立て、アメリカ海軍の第10哨戒飛行隊(VP-10)にピアーズ大尉ら7名の要 員を派遣しています。彼らはRAAFのP-8A導入に際して先導的役割を果たします。また、2016年からはアメリカ海軍VP-30での本格的な要員訓練 が開始されます。

オーストラリアは世界の海洋の約11パーセントにあたる広大な海域を管轄しており、40年以上使用してきたAP-3Cに代わってP-8Aを導入し、サウスオーストラリア州エジンバラ基地に配備します。同国政府はP-8Aの追加導入も検討しています。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/04/17 12:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6336-17142693


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。