ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嘉手納基地から最後のMC-130P 2機がボーンヤードへ

アメリカ空軍太平洋空軍(PACAF)で最後まで配備についていた第17特殊作戦飛行隊(17SOS)のMC-130Pコンバットシャドウ2機が、2015年4月15日、沖縄県の嘉手納基地からアリゾナ州のデビスモンサン空軍基地(AFB)のボーンヤード(飛行機の墓場)へ向け飛び立ちました。

嘉手納基地から最後のMC-130P 2機がボーンヤードへ


MC-130Pは、50年近く使用されている特殊作戦支援機で、長距離飛行するヘリコプターへの空中給油などを任務としていました。太平洋地域に配備されたMC-130Pは、アフガニスタン作戦やイラク戦争、アジア各地への災害派遣など多くの作戦に参加しました。

17SOSは2014年10月からMC-130Pを手放し、後継機のMC-130JコマンドウIIを受領しています。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/04/24 16:04 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6364-1f8260dc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。