ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オランダ、ノルウェー、ポーランドが共同でA330 MRTTを導入

オランダとノルウェー、ポーランドは、エアバス・ディフェンス&スペースに対して、近日中にA330多目的空中給油・輸送機(MRTT)の共同購入に関する提案書を要求する模様です。Aviation Weekが2015年5月4日付けで報じています。

3カ国は、欧州防衛機関(EDA)やNATOの後押しを受け、4機のA330 MRTTを共同で運用することを計画し、2015年中に機体を発注し、2019年前半には受領したいとしています。オランダ空軍はKDC-10の後継機と考え、ノルウェーとポーランドにとっては初めての空中給油機となります。

3カ国は現在F-16を使用しており、オランダとノルウェーはF-35Aを導入するため、フライング・ブームは必須で、その他のNATO軍機のためにドローグ・ポッドも両翼下に装備します。基地はオランダのアイントフォーフェンになると見られ、随時ノルウェーとポーランドにも展開することになります。

オランダ、ノルウェー、ポーランドが共同でA330 MRTTを導入


この計画にはベルギーもオブザーバーとして参加しており、今後参加国が増える可能性もあります。A330 MRTTはイギリス空軍がボイジャーKC2/3として採用しているほか、オーストラリアやサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、シンガポール、フランスの各空軍が採用しています。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/05/07 20:01 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6422-7ef69d6c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。