ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バッキンガム宮殿で初お目見えのジョージ王子、レッドアローズに指差す!?

2015年6月13日(土)、エリザベス二世女王の公式誕生日となる6月第2土曜日に合わせ、毎年開催されている「エリザベス女王誕生日パレード」で、ジョージ王子が女王と初めてバッキンガム宮殿のバルコニーに登場しました。エリザベス女王の後ろにケンブリッジ公ウィリアム王子が立ち、その腕に抱かれたジョージ王子はイギリス空軍のアクロバットチーム「レッドブル」のフライパスに大いに興味を示していました。


当日は、バッキンガム宮殿を中心に各種催しが行われ、中でも近衛騎兵隊による「ホース・ガーズ・パレード(Horse Guards Parade)」はその中心的な催しの1つです。近衛騎兵の交替式は、ロンドン観光で見逃せないスポットの1つですが、その壮観な風景を通常の交替式とは違った形で楽しむことができるイベントでもあります。

これとあわせ、フライパスは例年、バッキンガム宮殿上空をイギリス軍の各種機種が勢揃いし、女王を祝福しています。2015年もシーキングとチヌークを先頭に、ダコタ、スピットファイヤー、C-17、E-3D、ヴォイジャーなどが次々とフライパスをする予定でしたが、天候の理由からレッドアローズのみによるフライパスとなりました。

この唯一の編隊飛行がバッキンガム宮殿に近づくと、初めてバルコニーでレッドアローズを見たジョージ王子はその編隊飛行に指差し、大いに関心を抱いた様子でした。イギリス空軍で訓練を行い、空軍大尉としてシーキング捜索救難ヘリコプターの機長を務め、現在は救急ヘリコプターを運航するイースト・アングリアン・エア・アンビュランス(East Anglian Air Ambulance)で勤務するウィリアム王子の血を引き、空への関心が高いのかもしれません。ちなみにウィリアム王子は空軍大尉と同時に、海軍大尉、陸軍大尉でもあります。
バッキンガム宮殿で初お目見えのジョージ王子、レッドアローズに指差す!?
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/06/15 18:00 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6496-6bb5252e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。