ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アラスカの統合演習、アップグレードされたE-3G AWACSが参加

アメリカ・アラスカ州の統合基地(JB)エルメンドルフ・リチャードソンを中心に、2015年6月15日から26日まで開催された統合演習「ノーザンエッジ 2015」で、Block 40/45仕様に改修されたE-3G AWACSが使用されました。


E-3Gは、オクラホマ州ティンカー空軍基地(AFB)の第964と第966空中管制飛行隊(964/966AACS)のもので、1機に24名の武装士官や監視士官、レーダー・通信技術者、コクピットクルーが乗り組み、3万フィートの空中から半径300マイルに滞空する約100機の戦闘機や爆撃機、空中給油機を目標に導き、基地へ帰還させます。

Biock 40/45は、約30年間使用されてきた古いオペレーティング・システムを一新したもので、ノーザンエッジ 2015でクルーは新しいシステムに取り組んで、新しい機能を習得しました。「より多くの状況が提供され、無限の空域を構築できるようになる。信頼性が高くより高度な技術が詰め込まれている」と964AACSのBreann Hermann中尉が話しています。

演習後にクルーは改善のためのフィードバックを上げることになっています。

アラスカの統合演習、アップグレードされたE-3G AWACSが参加
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/06/30 17:58 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6519-0756c66c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。