ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CH-46シーナイト、ラストフライト後にスミソニアン博物館入り

アメリカ海軍・海兵隊で使用されてきたCH-46シーナイト・ヘリコプターの退役セレモニーが、2015年8月1日、アメリカ・バージニア州のスミソニアン航空宇宙博物館スティーブンF.ウドバー・ハーゼイ・センターで開催されます。


CH-46は、1960年前後にバートルが開発したタンデムローター方式の双発輸送ヘリコプターで、日本では同型のKV-107 IIが川崎重工でライセンス生産され陸海空自衛隊で使用されました。アメリカ海軍は艦隊への輸送ヘリ、海兵隊は上陸作戦の強襲ヘリとして1960年代半ばから50年間以上使用してきました。

退役セレモニーでは、第774海兵中型ヘリコプター飛行隊(HMM-774)のCH-46Eと、後継機のMV-22Bオスプレイが飛行します。CH-46はこれが最後の飛行となり、愛称のPhrog(Frog : カエル)に引っ掛けて「Last Hop」としています。飛行したCH-46はベトナム戦争時代のカラーリングで、同博物館に展示されます。

なお、スミソニアン航空宇宙博物館スティーブンF.ウドバー・ハーゼイ・センターはワシントン・ダレス国際空港に隣接しています。

CH-46シーナイト、ラストフライト後にスミソニアン博物館入り

関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/08/03 11:14 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6565-8681b901


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。