ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イスラエル空軍のCH-53、2025年まで運用可能にアップグレード

イスラエル空軍は、2015年7月30日、CH-53Yas'urヘリコプターの寿命延長プロジェクトが完了したと発表しました。


最短でも2025年までの運用可能なように「Yas'ur 2025」と名付けられたプロジェクトは、約10年前から開始され、先週最後の機体が作業所から部隊へ復帰しました。

新造のCH-53を購入するには1機あたり1.5億ドルの予算が必要ですが、延命改修は1機あたり200万ドルですみます。今後最低5年間は新型ヘリコプターの選定作業は不要となります。

2006年に改修作業が始まった時には1機につき数年かかりましたが、その後は1年未満で完了するようになりました。エンジンや動力系統、通信や航法、自己防衛、操縦システムなどをアップグレードし、何万もの配線が直され、クラックが修理されました。

イスラエル空軍ではYas'ur 2025以外にも、F-16C/Dを最新のF-16Iと同等な能力とする機体とソフトウェアの改修プロジェクト、従来のC-130を最低10年は寿命を延長する改修プロジェクトなどを行っています。

イスラエル空軍のCH-53、2025年まで運用可能にアップグレード
関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/08/03 20:17 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6566-0fb18e40


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。