ミニタリー関連・トイガン関連・お笑い韓国軍等のブログです。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ海軍、F-35C 2回目の艦上試験を10月初旬から開始

アメリカ海軍は、2015年10月初旬に、空母USSドワイトD.アイゼンハワー(CVN-69)で、F-35CライトニングIIの感情試験を実施する模様です。Defense Newsが8月20日付で、複数の情報源からの情報として報じています。



次回の艦上試験F-35C開発試験は第2段階に入り、空母での離着艦、状況次第では夜間運用について評価を実施します。

F-35Cは、2014年11月に初めての艦上試験をUSSニミッツ(CVN-68)で実施し、124回の離着艦を1回のミスもなく成功させました。あまりにも試験が順調に進んだため、F-4ファントム時代以来初めて最初の艦上試験で夜間運用試験も実施しました。シルビア・ピアソン報道官は、すべてが前倒しで完了し「歴史を作った」試験だったと話しています。

しかし、F-35Cをめぐっては、2020年代に年間20機しか購入しない計画がさらに削減されて、年間12機になる可能性も検討されています。国防総省ではアメリカ空軍・海軍・海兵隊が2,443機のF-35を導入する計画の見直しを検討しているとのことです。

海兵隊のF-35Bが2015年7月31日に初期作戦能力(IOC)を獲得し、空軍のF-35Aは2016年秋、海軍のF-35Cは2018年の実戦化を目指しています。

アメリカ海軍F-35C 2回目の艦上試験を10月初旬から開始

アメリカ海軍 F-35C 艦上試験

関連記事
スポンサーサイト

[ 2015/08/25 20:49 ] ミニタリーニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele.blog.fc2.com/tb.php/6600-b867ef12


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。